Epic Games
Epic Games

アップルとEpic Gamesとの関係は、Epicがアプリ内購入でルール違反をしたためにフォートナイトがApp Storeから削除、そこから関係がこじれ法廷対決にまで発展しています。しかし両者の仲が良好だった頃は、アップルのサブクリプションとフォートナイトをセットにしたサービスが検討されていたことが明らかとなりました。

Epicは現在、フォートナイトの仮想通貨と限定コスチュームなどを含むサブスクリプション「フォートナイトクルー」を提供中ですが、今回の話はまだそれが「Fortnite Club」の仮名で計画段階に過ぎなかった頃のこと。その当時はApple MusicやApple TV+をバンドルして提供するサービスを画策していたことが、上記の裁判に提出された資料から判明しました。

この実現しなかった契約プランは月額20ドルで「Fortnite Club」とアップルのサービス2つを利用でき、別々に購入するよりも約6ドルの値引きになるよう設定されていました。文書には両社の取り分も書かれており、App Storeアプリから契約した場合はアップルが15ドルでEpicが5ドル。またフォートナイト(Webサイトなど)から入ればEpicが12ドルでアップルが残りを取るといった分配です。

アップルとEpicの交渉がどのぐらい進んでいたかは不明ですが、Apple TV+の名が書面にあることから2019年3月以降と推測されます。しかしその後、アップルとEpicの関係が悪化、このバンドルが日の目を見なかったのは冒頭で説明したとおりです。

この契約案からは、アップルブランドのコンテンツがフォートナイトの世界にも組み込まれることが検討されていたと窺われます。Epicはリンゴの独裁者が世界を支配するPVを公開していましたが、両社の争いがなければフォートナイト内でiPhone 12やM1 Macがコスチューム等にあしらわれていたのかもしれません。

Source:Jeay Oficial(Twitter)

via:9to5Mac