5分でわかる「Apple Event」 第4世代iPad Air & Apple Watch Series 6発表、サブスクまとめ割Apple Oneも

新iPhoneはおあずけ

こばやしなおき(Naoki Kobayashi)
こばやしなおき(Naoki Kobayashi)
2020年09月16日, 午前 06:00 in ipad 2020
0シェア
FacebookTwitter

日本時間9月16日午前2時~開催された「Apple Event」にて、AppleはApple Watchの新製品となる「Apple Watch Series 6」「Apple Watch SE」、そしてiPadの新製品となる「iPad Air」(第4世代)「iPad」(第8世代)を発表しました。

▲「Apple Event」に合わせてEngadget 日本版でもLive配信を実施しました(眠気と戦いながら観てくださったかたありがとうございます)。その中で披露されたカエルンさんによるグラフィックレコーディングがこちら。この1枚絵で何が合ったのがわかっちゃいます。上は発表前の予想がまとまったもの、下は発表内容がまとまったもの。いずれも画像クリックで大サイズで表示されます。


ポイントを軽く押さえておくと、

Apple Watch Series 6では血中酸素飽和度(SpO2)センサーと常時計測の高度計を搭載したのが大きな特徴です。

Apple Watch SEは(Apple Watch Series 6から一部の機能が削られますが)税別2万9800円からのお買得モデルとなっています。

第4世代 iPad AirのiPadは角張った筐体が採用され、現行iPad Proに寄せてきた印象。インターフェースはLightningからUSB Type-Cへと変更され、第2世代Apple Pencilに対応します。

第8世代iPadは性能がアップしつつお値段据え置きの税別3万4800円から。

といったところ。Engadget 日本版に掲載された記事を以下にまとめましたので、詳細はそちらをチェックしてみてください。

ちなみにハードウェア以外にも、Appleが提供する複数のサブスクリプションをひとつにまとめて割引される「Apple One」や、Apple Watch向け新サービス「Fitness +」も発表されています。

Apple Watch Series 6発表。SpO2センサーと高度計を搭載、「血中酸素ウェルネス」を提唱

アップルは16日午前2時~の「Apple Event」にて、Apple Watch Series 6を発表しました。かねてからの噂どおり血中酸素飽和度(SpO2)センサーを搭載し、健康管理デバイスとしていっそう強化されたかっこうです。

価格は4万2800円(税別)から。Series 5と同じく40mmと44mmの2サイズあり、9月18日発売となります。(つづき)

Apple Watch SE発表、279ドルからのお買い得機。S5チップでSeries 3比2倍速、転倒検出も搭載

アップルの新製品発表会より。ウワサのApple Watch新シリーズとして『Apple Watch SE』が発表されました。Apple Watch Series 3よりも各種の基本性能──とくに処理速度──を充実させつつ、お買い得感のある価格設定とした新機軸のモデルです。(つづき)

Apple Watchに留め具なしの「ソロループバンド」登場

アップルは「Apple Watch Series 6」や「Apple Watch SE」の発表に合わせ、金具やバックル、重なる部分がないひと繫がりの「ソロループバンド」を発表しました。

「ソロループバンド」は、アップル独自の液状シリコンを素材に用い、伸縮性があり着脱も容易。耐久性が高く、水泳にも利用できます。サイズも多数用意し、カラーは7色から選べます。(つづき)

Apple Watch向け新サービス「Fitness +」発表。月額制で毎週新ワークアウトを提供

アップルがApple Watch向けの新サービス、Apple Fitness +を発表しました。ヨガ、サイクリング、ダンス、トレッドミルなど10種類のワークアウトを用意する月額サービスで、毎週初心者向けを含む新たなワークアウトをユーザーに提供します。(つづき)

第4世代iPad Air発表。A14 BionicチップやUSB-C搭載、Touch IDは上部ボタンに引っ越し

9月16日午前2時から録画で配信された新製品発表イベントで、アップルが第4世代iPad Airを発表しました。デザインはiPad Pro譲りの角張った筐体となりディスプレイが全画面化。しかしTouch IDはスリープボタンに引っ越して存続します。この新Touch IDはカスタムセンサーによって指紋をより詳細に読み取り、安全性も高めています。(つづき)

新iPad Airと第3世代iPad Air、11インチiPad Proを比較。最新A14 Bionicと側面にTouch ID搭載

9月16日午前2時からのオンラインイベントにて、アップルが新しいiPad Airを発表しました。この記事では、このiPad Air(第4世代)と性能の近い11インチPad Pro、第3世代iPad Airとの仕様比較をお届けします。(つづき)

新 iPad (第8世代)発表。A12採用で大幅高速化、機械学習エンジン初搭載で3万4800円から

本日のスペシャルイベントで、アップルが最新の第8世代 iPad を発表しました。

10.2インチ RetinaディスプレイにTouch IDつきのスタイルはそのまま、iPhone XS や第三世代 iPad Air と同じ A12 Bionic プロセッサを採用し、最安価なベーシックモデルながら前世代の倍以上に高速化。無印 iPad として初めて、画像編集などで従来は不可能だった処理を実現できる機械学習コア Neural Engine も搭載します。(つづき)

10.2インチiPad第8世代と第7世代の仕様比較。新モデルはCPU強化の正常進化版

アップルが10.2インチのiPad新モデルを発表しました。CPUにA12 Bionic+Neural Engineを搭載し、前世代よりも40%高速化しています。それでいて価格は据え置きの3万4800円からとお買い得なモデルになっています。(つづき)

iOS/iPadOS 14、17日に正式リリースと発表。空間オーディオやApp Clipなど新機能まとめ

アップルは、iOS 14およびiPadOS 14の正式版を17日にリリースすると発表しました

基本的にはApple Beta Softwareの登録者向けに配信されていたパブリックベータ版と同じものですが、AirPods Proの「空間オーディオ」やAirPodsの「バッテリー通知」など未実装だった機能も搭載されています。(つづき)

サブスクリプションまとめ割りサービスApple One発表

Appleが9月16日未明に開催した新製品発表会にて、Appleが提供する複数のサブスクリプションを、ひとつにまとめて割引する「Apple One」を発表しました。(つづき)


 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: ipad 2020, ipadair2020, ipadair, ipad air, tablet, apple watch, wearables, ipad air 2020, ipad, apple watch series 6, apple, applewatch, applewatchseries6, news, gear
0シェア
FacebookTwitter