OLED iPad

iPad Proのディスプレイの話題といえば、現在は新型12.9インチモデルに待望のミニLEDバックライト付きディスプレイが採用されたばかりではあります。しかし噂では早くも、近い将来に有機ELディスプレイを搭載したモデルが登場すると伝えられていました

そんななか、2023年に初の有機EL版iPadが発売されるとの予測が発表されています。


ディスプレイ業界のサプライチェーン情報誌DSCCは、最新四半期の有機EL出荷台数レポートの中で、2023年に「アップルが10.9インチ AMOLED(アクティブマトリックス方式有機EL) iPadを発売」と述べています。どのモデルかについて言及はありませんが、画面サイズからiPad Airの後継デバイスになると推測されます。

あと1~2年の内に有機EL版iPadが発売されるとの噂は最近になって相次いでおり、その数の多さからも内部で開発が進んでいる可能性は極めて高いと思われます。


まずアップルのインサイダー情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏が「iPad Air 2022年モデルが有機EL採用」と予測したのに続き、韓国ETNewsからも2022年にiPadの「一部」モデルに有機ELディスプレイが採用との報道もあり。また有機ELサプライチェーンに詳しいThe Elecも、2022年に「初の有機EL版iPad」発売との見通しを伝えていました。

またDSCCの報告書は、アップルが将来的に「(有機ELの)Touch Barをキャンセルする」ことも示唆しており、こちらは次期MacBook ProでTouchBarが廃止されるとの噂と符合しています。


アップルは今後ミニLED画面を採用する製品を増やし、サムスン一社に有機EL供給を頼る構造を解消するとの予想もありました。が、ミニLEDは新技術ゆえに色にじみなどの問題も判明しており、しばらくは成熟した技術である有機ELを使わざるをえないのかもしれません。


Source:DSCC

via:MacRumors