iPhoneが自宅玄関の鍵となる「Home Key」をアップルが発表しました。今秋配信するiOS 15の新機能として、対応するスマートロックで利用できます。

鍵はウォレットアプリ上に保管されます。ウォレットアプリでは、ホテルの鍵やデジタル身分証明書へ対応するアップデートも併せて発表されました。

スマートホーム関連では、SiriをHome Kit対応のサードパーティーアクセサリーに開放することも発表されました。これによって、Siriを使ってさまざまなスマート家電を操作できるようになります。

なお、その際にはプライバシー保護を徹底し、音声コマンドはAppleが一旦受け取り、デバイス側には動作リクエストだけを送信することで、操作時の音声がそのまま他人に渡る心配はないといいます。

関連記事:

5分でわかるWWDC21まとめ。iOS 15、iPadOS 15、watchOS 8、macOS「Monterey」発表