HomePodは
MacRumors

アップルがカメラと画面付きのHomePodを開発中であるとの噂と、その信ぴょう性を強めるコードがtvOS 14.5ベータ版から発見されたことが報じられています。

米Bloombergにてアップルを担当するMark Gurman記者は、アップルが「画面とカメラ」を搭載した新型スピーカーを開発していると述べています。すなわちアマゾンのEcho ShowやGoogle Nest Hubのようなスマートディスプレイのアップル版が準備中と示唆しているもようです。

この報道に先立ち、MacRumorsのライターであるスティーブ・モーザー氏はtvOS 14.5にFaceTimeやiMessageフレームワーク、画像のキャプチャに関連する新たなAVFCaptureフレームワークが追加されたことを発見しています。

Apple TV(セットトップボックスの方)向けtvOSとHomePodは関係がなさそうですが、実は2020年4月からHomePod内蔵ソフトウェアはiOSではなくtvOSを土台としています。つまりtvOSに含まれる機能は、同じ基本コードが使われたHomePodソフトウェアにも含まれているわけです。

したがってtvOSに追加されたFaceTimeやiMessage、画像キャプチャ用フレームワークは、Gurman氏のいう「画面とカメラ」を備えた新型HomePodの可能性も示していると思われます。すでにHomePodやHomePod miniは音声のみのFaceTimeオーディオが使えますが、tvOS 14.5で発見されたFaceTimeフレームワークはそれとは異なるコードとのことです。

上記のGurman氏は、カメラ付きHomePodについて「差し迫ったローンチ」は予定しておらず、登場しない可能性もあると述べています。また、tvOS 14.5に導入されたiMessageなど諸々のフレームワークも、実はHomePodと全く無関係であり、隠しコードのままで終わるか、将来のApple TVやHomePodに実装される他の機能に使われるかもしれません。

リモートワークや自宅学習が広がっているなか、Zoom専用端末第3世代Echo Show 10など単体でビデオ通話できる据え置き製品が相次いで投入されており、アップルがこの分野に参入しても不思議ではありません。しかし初代HomePodは高価すぎて苦戦したこともあり、「コスト的に安価に抑えられないなら発売しない」選択肢もあり得そうです。

Source:Bloomberg,MacRumors