iPhone 12

アップルは「ごく一部」のiPhone 12やiPhone 12 Proで、レシーバーモジュールのコンポーネントの故障により音の問題が起きる可能性があると判明したとして、修理サービスプログラムの開始を発表しました。これはiPhone 12シリーズが発売されて以来、初のサービスプログラムとなります。

公式リリースによると、この問題が確認されているのは2020年10月から2021年4月までの間に製造されたデバイスとのことです。アップルは、「電話をかけたり電話がかかってきた時にレシーバーから音が出ない」場合は、お使いのiPhoneが本プログラムの対象になる可能性があると述べています。

本プログラムはiPhone 12およびiPhone 12 Proのみが対象であり、iPhone 12 miniおよびiPhone 12 Pro Maxは対象外となっています。また本プログラムでは対象となるiPhone12やiPhone 12 Proに対して、その最初の小売販売日から2年間カバーされます。

本プログラムが適用される場合は、アップルまたはアップル正規サービスプロバイダにて無償修理サービスが受けられるとのことです。その連絡や手続きなどは以下の通りです。

  • Apple 正規サービスプロバイダ:こちらからお近くの正規サービスプロバイダをお探しください。

  • Apple Store 直営店:あらかじめこちらからご予約ください。

そして修理サービス開始前にはアップルにて実機検査が行われ、「お客様のiPhoneが本プログラムの適用対象かどうかを検証」すると但し書きされています。

なお「画面のひび割れなど、修理に支障をきたす損傷がある場合は、そちらを先に修理する必要があります」とのこと。そして場合によっては別途修理料金がかかることがあるため、その点をご注意ください。

ご不明な点がある場合や、サポートが必要な場合やは、アップル公式サポートにお問い合わせください。

Source:Apple