iPhone 12
Apple

アップルがiPhone 12 miniの生産量を200万台削減し、その分をiPhone 12 Proにシフトしたとの噂話が伝えられています。



大手金融機関モルガン・スタンレーの投資家向けノートによると、iPhone 12 Proの販売はリードタイム(発注から製造までにかかる待ち時間)において過去4年間のモデルを10日間も上回るほど好調とのこと。そのためiPhone 12 Pro生産量を200万台上積みし、代わりにiPhone 12 miniを同じく200万台減産して相殺したと述べられています。

このレポートはiPhone 12 Proが売れすぎてLiDARスキャナ用チップを増産するほどとの観測や、逆にiPhone 12 miniの売上はiPhone総販売台数の約6%に留まってアップルを失望させたとの分析を補強している格好です。

やはり有名アナリストMing-Chi Kuo氏が予測していたように、小さな画面のモデルは日本はさておき、国際市場では苦戦を免れないのかもしれません。

その一方でこの報告書は、中国での販売予測にも言及。ProではないiPhone 12シリーズが、米国よりも好調な売れ行きを示しているとも強調しています。昨年12月でのiPhoneの中国市場シェアは20.3%と18ヶ月ぶりの高い水準に達しており、その大部分はiPhone 12によるものだと分析されています。


iPhone 12シリーズの発表直後には「iPhone 12 ProとiPhone 12の違いはカメラ品質だけ」でありProモデルは高すぎて売れないとの予想もありましたが、まさにカメラ品質こそが空前の人気を後押ししているとも推測されます。その裏ではiPhone 12 miniの不振が再確認されており、手のひらサイズ愛好家にとっては今後のminiサイズ存続が気に掛かるところでしょう。

Source:Philip Elmer-DeWitt's Apple 3.0

Via:MacRumors