Touch ID
Apple

アップルは生体認証などの説明を含むプラットフォームセキュリティガイドを更新し、新型のTouch ID内蔵Magic KeyboardがM1 Mac一般と互換性があることや、「マスクしながらFace ID対応iPhoneをApple Watchによりロック解除」するための基準を明らかにしました。

更新されたガイドでは、まず最近の(M1チップ採用の)MacBook ProおよびMacBook Airに内蔵されたTouch IDセンサーと、Magic Keyboard側のTouch IDに互換性があることが明記されています。このことは以前も未確認情報として伝えられていましたが、今回アップルが公に再確認したかっこうです。

すなわちMac内蔵のTouch IDで登録された指紋はMagic Keyboard側のTouch IDでも照合でき、その逆も同様とのこと。つまり、どちらで照合した指紋であれ、M1チップ内蔵のセキュアエンクレーブ(Face IDやTouch IDの生体情報を扱うセキュリティコプロセッサ)で正常に処理できるというわけです。

今のところTouch ID内蔵Magic Keyboardは、24インチiMacとのセット販売のみですが、こうした互換性は、単品で販売しても問題ないことを意味しています。

アップルはこれまでにも当初はiMac専用だったアクセサリーを、後に単品で購入できるようにしたことがあります。たとえば2017年末にiMac Proが発売されたとき、Magic KeyboardとMagic Mouse、Magic Trackpadのスペースグレイ版はセット販売のみでしたが、2018年3月には単品販売されるようになりました。M1を搭載しながらも、Touch IDを内蔵していないMac miniユーザーからの要望が強そうです。

ほか、Touch ID付きMagic Keyboardは1台のMacとしか安全にペアリングできない一方で、1台のMacはキーボードを最大5台まで安全にペアリングできることも明らかにされています。ゆくゆくはMacを使う複数ユーザーに、1人1台ずつマイキーボードを買ってもらうことを狙っているのかもしれません。

新たな指紋を登録するには、Mac側でTouch ID付きMagic Keyboardを使用する意思を「物理的に確認」する必要あり。これは以前Macに登録した指紋の照合に成功するか、ないしは電源ボタンを2回押す(指紋を照合しなくても可能)により行えるとのことです。

さらに「マスクしながらFace ID対応iPhoneをApple Watchでロック解除」(iOS 14.5およびwatchOS 7.4以降が必須)のためには、以下の条件を満たす必要があるとされています。

  • Apple Watchを手首に装着してロックを解除した後、少なくとも一度は別の方法でiPhoneのロックを解除していること

  • 鼻と口が覆われていることをセンサーが検知できること

  • 測定距離が2〜3メートル以下であること

  • Apple Watchが就寝モードになっていないこと。

  • Apple WatchまたはiPhoneのロックが最近解除されたこと、またはApple Watchが装着者が活動していることを示す物理的な動きを経験していること(例えば眠っていないことを示す動きなど)

  • iPhoneは、過去6.5時間以内に少なくとも1回、ロックを解除している必要があります。

  • iPhoneは、Face IDによるデバイスロック解除が許可されている状態でなければなりません

マスク装着中のロック解除が上手く行かない人は、これらの項目をチェックしてみるとよさそうです。

Source:Apple Platform Security

via:MacRumors