アップル製MagSafe対応アクセサリが公開。クレカも磁気シールドで安全

サードパーティ製品も今後出そう

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年10月14日, 午後 03:10 in Apple
0シェア
FacebookTwitter
MagSafe
Apple

アップルはiPhone 12シリーズの背面にワイヤレス充電器などを磁力で簡単に取り付けられるアクセサリ用の仕掛け「MagSafe」を発表、MagSafe対応の純正アクセサリ一覧も新たに公開しています。

MagSafeとは磁力によりiPhone 12シリーズとアクセサリを簡単かつ完ぺきに繋げるシステムのこと。具体的には(iPhone 12内蔵の)ワイヤレス充電コイルの周囲を取り囲むかたちでマグネットが配列されており、それとアクセサリ側の磁石がたがいに引き寄せ合い、ユーザーは位置合わせを意識せず適切な取り付けができるというものです。かつてMacBookシリーズに採用されていた「磁力で本体と給電部分が固定され、外力が加わるとすぐに外れて断線を防ぐ」MagSafeブランドの復活でもあり、長年のアップルユーザーなら懐かしく思うはず。

さて新たな「MagSafe」製品群は、iPhone専用ケースから充電器までバラエティに富んだラインアップとなっています。まず純正ケースはシリコーンとクリアの2種類あり、画面サイズが同じ6.1インチのiPhone 12/iPhone 12 Pro向けは共用となっています。ただしiPhone 11向けにはあったレザーケースは今回はありません。

MagSafe

またMagSafe対応のiPhoneレザーウォレットケースもありますが、固定に磁石を使うということで、気になるのが「クレジットケースへの磁気の影響」です。その点は公式説明によれば「クレジットカードを安心して入れられるように、シールド機能も持たせました」とのことで、特に気兼ねなく収納できます。さらにiPhone本体だけでなく、MagSafe対応のケースにも装着できると述べられています。

MagSafe

記事執筆時点ではアップル純正アクセサリのみ確認されていますが、その後の取材でMFi認証プログラムによりサードパーティ製アイテムにも門戸が開かれていることが分かりました。またアップル純正ケースの場合はNFCで、何色のケースを装着しているかまでシステム側で認識できるとのこと。純正とサードパーティ製ともに、今後の製品群の広がりを楽しみにしたいところです。

Source:Apple


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Apple, iphone12, magsafe, accessories, Wireless charging, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents