MagSafe
Apple

アップルが「MagSafeデュアル充電パッド」の販売を開始しました。価格は税別1万4800円。

MagSafe対応の充電パッドと、Apple Watch対応のマグネット式充電パッドが左右セットになって、iPhoneあるいはワイヤレス充電ケース入りAirPodsと時計を同時に充電できる製品です。

MagSafeがQi互換なので、iPhone 8以降 iPhoneや他社のスマホ、アクセサリ等も充電できます。

Apple MagSafe デュアル充電パッド
Apple

MagSafeは iPhone 12世代から導入された新しいワイヤレス充電の仕組み。iPhone 8以降はQi規格のワイヤレス充電に対応してきましたが、MagSafeは強力な磁石でバシッと正しい位置に固定されること、最大14Wで高速充電できることが特徴です。

Qiなどのワイヤレス充電パッドは端末によって違う微妙な位置合わせがあり、就寝中に「置くだけ充電」したつもりがすこしずれていたせいで充電されなかった悲劇がありえますが、MagSafeは端末側のコイルがある位置に勝手に、強力にくっつくため、間違いなく最大効率で充電されます。

アップルはiPhone 12世代向けにMagSafe対応ケースやカバーを揃えるほか、磁石をアクセサリの固定方法に使う商品もあります。

MagSafe
Apple

アップルのワイヤレス同時充電パッドといえば、iPhone Xと同時に一度は発表したものの、技術的な問題から一年半後に中止になった AirPower 充電パッドがありましたが、MagSafeデュアルはある意味そちらを取り返す製品。

普通の標準の MagSafe が Apple Watch も充電できればよかった気がしますが、Apple Watchは専用のやや特殊な充電方法を採用していること、サイズも違うことなどから、結局は時計は時計で別に並んでいます。

とはいえデュアル充電パッドは、たとえば夜間に両方を充電したいときでも、待って交替で使うことなく両方セットで完結するのが利点といえば利点。ウォッチ側は充電端子が立ち上がり、まっすぐに開けないタイプのバンドでも立てて充電できます。

充電パッド自体を折りたたんで、邪魔にならず持ち歩けるのも特徴です。

付属品は1mのUSB-C - Lightningケーブル。充電には Mac用なり汎用品なりの USB-C電源アダプタが必要です。

MagSafeデュアル充電パッド - Apple(日本)