AppleMap

2021年春にiOS 14.5およびiPadOS 14.5が正式リリースを控えるなか、アップルが純正マップアプリで関心のある場所での混雑状況を通知する機能をテスト中だと明らかになりました。

米MacRumorsや大手掲示板Redditの投稿によると、プライバシー設定内の「位置情報サービス」内に項目が追加されており、ユーザーの位置情報データを使って関心のある場所がどれほど混雑しているかの情報を集める新機能が説明されているとのことです。

具体的な説明は次のとおりです。

ルーティングとトラフィック。お客様が移動中(歩行中や運転中など)、お客様のiPhoneはGPSデータ、移動速度、気圧情報を、匿名かつ暗号化された形式でアップルに定期的に送信し、クラウドソースの道路交通および大気補正データベースの補強に利用されます。さらに、お客様が関心ある場所(企業や公園など)の近くでアプリを開いた場合、お客様のiPhoneは匿名かつ暗号化された形式で位置情報をアップルに送信します。アップルはこれらの情報を集約し、その場所が開いているかどうかや混雑状況をユーザに知らせるために使用することがあります

つまり、ユーザーがお店や会社などの近くで特定のビジネスやサービス用のアプリを開いた場合、そのデータを集めてどれほど混雑しているか、またビジネスやサービスが営業中かどうかを他のユーザーに知らせる可能性があると示唆している模様です。

またアップルは、上記の「位置情報サービス」>システムサービス内の「ルーティングとトラフィック」設定がオンになっている場合のみ、匿名化され暗号化されたデータをユーザーから集めるとも述べています。常にユーザーを追跡しているわけではなく、データを送信する場合でも個人には紐付けないというわけです。

この「どれほど混んでいるか」を知らせる機能は、すでにGoogleマップが提供しているものに近いと思われます。そちらでは今時間の混み具合は普段と比べてどの程度か、また混雑が時間と共にどう変わるかを棒グラフで視覚化していますが、アップルがどうやって本機能を実装するかは不明です。最新のiOS 14.5ベータ版でも、本機能はまだ利用できないと伝えられています。

アップル純正マップは、事故やスピード違反取り締まりなどを報告する新機能のテストを始めるなど、競合するGoogleマップを猛追するようにサービスの充実が図られています。地図データの精度も飛躍的に上がっており、2012年に誕生した直後のパチンコガンダム駅が遠い過去の出来事として振り返られます。

Source:MacRumors,Reddit