WWDC2021
Apple

アップルがまもなくiOS 14.5がまもなく配信開始しそうな気配が「アプリトラッキング透明性のルールを徹底し始めた」など様々な手がかりから窺われています。また次期iPad Pro搭載と推測されるプロセッサ「A14X」への(事実上の)言及も見つかっており、配信のタイミングで新製品の発表、ないし大がかりなイベントが開催されるのかもしれません。

アップル製MRヘッドセット、今後数か月で発表?から次期iPhone SEは5G対応?まで、最新アップルの噂をまとめてお届けします。

iPhone 13 Pro(仮)にはつや消しの黒「マットブラック」登場?

iPhone 13 pro
Apple

2022年のフラッグシップiPhone 13(仮)シリーズは前年モデルと同じ画面サイズで4機種構成になる、との予想はほぼ定説となっています。そんななか、「では、iPhone 12シリーズとどこが変わるのか」に関する噂話です。

まず1つは、全体的にノッチ(画面上部の切り欠き)が小さくなるということ。ノッチ内には顔認証のFace ID関連パーツが収納されていますが、そのうちTrueDepthカメラの幅が細くなる、複数の部品が統合されるなど複数の見解はあれど、いずれも「目に見えて小さくなる」点では一致しています。つい先日も、フロントガラスと称される写真ではノッチ部分が控えめになっていました。

有名リーカー(注目の未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)Max Weinbach氏によれば、そうした「反復」といえるマイナーチェンジゆえに、新鮮さを醸し出すために新色が用意されるとのこと。今回のそれはマットブラックであり、iPhone 12/12 miniの光沢ある黒と違ってつや消し仕上げ、しかも指紋防止コーティングも施されると述べられています。

ほかカメラについては「ポートレートモード(背景ぼかし)の劇的な更新」にも取り組み中とのこと。こちらはカメラデータとLiDARスキャナの深度情報を組み合わせることでエッジ部分の検出が改善され、違和感のあるぼかしが減るとの見通しが語られています。

LiDARスキャナといえば、一時はiPhone 13全モデルに搭載と噂された後、有名アナリストMing-Chi Kuo氏はProモデルに限られたままだとして否定していました。2021年モデルでも、やはりエントリーモデルとProモデルとはカメラ品質により差別化が図られるのかもしれません。

将来iPhoneはMac Proの「おろし金」デザインを纏う?アップルが特許取得

macpro
iFixit

スマートフォンもプロセッサの高性能化にともなって熱容量の制約がパフォーマンスを阻む可能性が生じつつあります。それに対応するためとして、アップルがiPhoneにもMac Proのような冷却穴を表面に敷き詰めた「おろし金」デザイン採用を検討していると思しき特許を取得しました。

特許文書に含まれるイラストは、iPhoneらしきデバイスの外枠と背面にフライス加工で冷却穴をびっしりと開ける方法を図解しています。冷却のほか部品を厚くしたり重くせずに構造強度を向上できるメリットも挙げられていますが、防水や防じん性能、さらにはトライポフォビア(集合体恐怖症)対策については不明です。

熱対策はiPhoneよりも、Macにとって差し迫った課題のはず。2020年末発売のM1 Mac3モデルは旧インテルMacよりも発熱が低く抑えられていますが、次期AppleシリコンはCPUとGPUともに大幅な増強が予想されており、それだけ過熱が危惧されるところです。

これにつきMing-Chi Kuo氏は、次期14/16インチMacBook Proでは現在の16インチモデルと同じヒートパイプ設計を採用するが、現在の13インチMacBook ProやMacBook Airよりもはるかに優れていると述べていました。もしもおろし金デザイン復活があり得るとしても、最後の手段となりそうです。

やはり出る? アップル製MRヘッドセット、今後数か月で発表予定のウワサ

apple headset
AppleInsider

数年越しに噂されてきたアップル製MR(ないしAR/VR)ヘッドセット。かつては開発プロジェクトが一時中止されたとの観測もありましたが、今年に入ってから取り組みは順調であり、数年内に出るとの予想が勢いを増しています。

そして新たに、アップルの未発表製品情報に詳しいMark Gurman氏が「今後数か月のうちに、2015年以来の大型新製品となるMRヘッドセットが発表される」との見通しを述べています。今年の6月に予告されたWWDC2021がオンライン形式になることに触れつつ「これほど重要な発表をオンラインではやりたくないだろう」と付け加えており、別の対面イベントが開催される可能性も匂わせています。

現在有力となっている製品形態は、iPhoneや外部ハブには依存しない独立タイプです。その予想スペックはデュアル8K画面やアイトラッキング、15ものカメラモジュールや「革新的な生体認証」(虹彩認証など)といった全部乗せの感があります。

上記のWWDC2021告知ページにはメガネを付けたミー文字が載っており、スマートグラスやARに関連する何らかの大きな発表があると期待を集めています。出演したティム・クックCEOがかけているメガネが実は……という演出もあり得るのかもしれません。

Apple TV用の新リモコン、もうすぐ登場?最新tvOSベータから手がかり

Apple TV

約3年(2017年9月以降)も更新が途絶えているApple TVですが、最近とみに「新型が2021年内に発売」との噂が相次いでいます。それに付いてくるかもしれない新型コントローラーについての手がかりが、開発者向けtvOS 14.5最新ベータ内から見つかりました。

これまで初期設定時に表示された「リモコンのボタンを押して設定してください」とのメッセージが「中央ボタンまたはTouchサーフェスを押して続行」に差し替えられているとのこと。つまりTouchサーフェス(タッチ操作)を備えたSiri Remote以外の新型リモコンの存在が見え隠れしているわけです。

アップルが新型Apple TVを準備中の手がかりがiOS 13.4ベータ内にて見つかってから、すでに1年以上が経ちました。A12XやA14Xといった新プロセッサや超広帯域のU1チップ搭載および、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」に匹敵する大作ゲームも準備中との噂もありましたが、据え置きゲーム機業界を震撼させるようなサプライズを待ちたいところです。

次期iPhone SEは4.7インチ維持、2023年モデルはパンチホール採用の噂

iPhone SE2022

ディスプレイ専門アナリストのRoss Young氏が今後のiPhone SEシリーズにつき予測をつぶやきました。Young氏はiPhone 12 Proモデルが120Hz画面を搭載するとの予想が盛り上がっていたなかで、いち早く「2020年モデルで採用される裏付けが取れなかった」と報告し、的中させた人物です。

iPhone SE Plus(仮)、すなわち4.7インチから6.1インチ画面になった後継モデルが2021年〜2022年に発売されるとの予測は、今ではかなり下火となっています。その先駆けだったMing-Chi Kuo氏も、次期モデルは画面サイズはそのままに5G対応したiPhone SE 5G(仮)になると予想を切り替えています

かたやYoung氏の「iPhone SE(2023)ではパンチホール(画面下に自撮りカメラを埋込み、画面に穴を開けて視界を確保する設計)採用」との予測は、Kuo氏の「2022年のiPhone 14(仮)以降はパンチホールデザインに移行」とも符合しています。すなわち、2022年にはまずフラッグシップ機のノッチを廃止してパンチホールに変更、それが廉価モデルにも及ぶ可能性がうかがえるわけです。

6.1インチ画面となったiPhone SE Plusについては、A14プロセッサと側面Touch IDの噂もありました。つまり廉価モデルでも前面のホームボタンが廃止されて全画面デザインに近づくことになり、より広いユーザー層へのiPhoneの普及を加速するのかもしれません。