Apple
Apple

アップルの開発者イベントWWDC 2021より。アップルはApple MusicにDolby Atmosによる3D空間オーディオ(Spatial Audio)機能を導入したことを発表しました。

すでにアリアナ・グランデ、マルーン5、ケイシー・マスグレイヴスといったアーティストの音楽の一部が空間オーディオに対応し、H1 / W1 チップ搭載のAirPods / AirPods Pro / AirPods MaxまたはBeatsのヘッドホンを使うことで3D空間オーディオ用にミックスされた楽曲を楽しむことが可能になります。またそれらヘッドホンが手もとになくとも「最新の」iPhone、iPad、Macの内蔵スピーカーで空間オーディオ機能を体験できるとのこと。

Apple Musicはロスレス / ハイレゾ配信も6月に開始する予定と発表していますが、こちらはWWDCでは明確な言及はありませんでした。一部ユーザーにはすでに試験的な配信例があるようですが、アップルのサポートページも近日中に提供開始と記されたままなので、もう少し待つ必要があるかもしれません。

なお、Dolby Atmos空間オーディオ機能は、Apple TVが搭載するtvOS、またM1チップ搭載のMacでもアップデートにより利用可能になります。またiOS 15のFaceTimeでもサポートすることがWWDCでは発表されていました。

関連記事:

5分でわかるWWDC21まとめ。iOS 15、iPadOS 15、watchOS 8、macOS「Monterey」発表