Engadget

長らく256kbpsのAACコーデックで配信してきたApple Musicが、ロスレス(最高48kHz/24bit)およびハイレゾロスレス(最高192kHz/24bit)の音楽データ配信をはじめました。例えるなら256kbpsのAACコーデックはコンデジのJPEG、ロスレスはスタンダードなミラーレスのRAW、ハイレゾロスレスは高画素ミラーレスのRAWと言えるもの。

データ量が大幅に増えたことで、強弱交わるシーンでも音の1つ1つがわかるようになり、微細なニュアンスも聴き取れる高解像を実現しました。

簡単に言えば、いままで聴こえてこなかった音が聴こえる、ってヤツです。アップル一筋できた方にとっては音楽体験が大きく変わるアップデートです。

iPhoneでApple Musicのロスレスを体感するには、有線接続のイヤホン・ヘッドホンが必要になります。AirPodsファミリーはアップルが採用しているBluetoothの仕様上、現時点においてロスレス再生ができないため注意が必要です。

Engadget

もっともリーズナブルにApple Musicロスレスを聞きたいなら、過去に購入したiPhoneの箱を開けてください。EarPods with Lightning Connectorが入っていれば、試しに使ってみましょう。デジタル接続で2200円の純正イヤホンですが、48kHz/24bitまでのデータであれば再生することが可能です。

このイヤホンで好きな曲のロスレス版を聴いて、なんとなくでも音が良くなったように感じて、もっといい音で聴いてみたいと思ったならば、以下で紹介するLightning接続対応のDACを用いて、美音&美声を手に入れましょう。

Apple EarPods with Lightning Connector(Amazon)

Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ

Engadget

アップル

DAC・48kHz/24bitまで
対応・ロスレス

1,100円(Amazon価格)

記事執筆時は1056円で購入できたアップルのLightning DACです。こちらもEarPods with Lightning Connector同様、一時期はiPhoneの付属品だったので見覚えある方もいるでしょう。

3.5mmステレオミニプラグを備えた一般的な有線イヤホン・ヘッドホンを接続できる純正品で、コスパと安定度の高さはナンバーワン。EarPods with Lightning Connectorよりも高品質なイヤホン・ヘッドホンを使うことができるというメリットがあります。もし手持ちの有線イヤホン・ヘッドホンが無い方は、AmazonでKZのZSTXあたりをポチってはいかがでしょうか。2000円台で1BA+1DDのハイブリッドドライバーを搭載した、これまた有線イヤホンのハイコスパモデルです。

48kHz/24bitまで対応のLightning DACは、他にも多くの機種が安価で販売されています。ケーブルやコネクタの色、別途充電端子つきのものなど、好みに合わせて選びましょう。また2021年6月時点において、48kHz/24bit以上のクオリティで配信している曲が限られているので、48kHz/24bitまで対応のLightning DACで当座を凌ぐというのも良い手です。

Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ(Amazon)

Q1 MarkII

Engadget

FiiO

DAC・384kHz/32bitまで

対応・ロスレス/ハイレゾロスレス

14,520円(Amazon価格)

1万円台で購入できるポータブルヘッドホンアンプ。アップルのMFi認証を取得しており、付属しているLightning-micro USBケーブルを用いてiPhoneと接続します。イヤホン・ヘッドホン接続コネクタは3.5mmジャックと、2.5mmジャック。高級モデルでの採用例が多い、2.5mm 4極のバランス接続に対応したイヤホン・ヘッドホンが使えます。

3.5mmジャック使用時の音はマイルド。低域も自然な量感で鳴らすもので、ボーカルにスポットライトを当てたかのように中音域が一歩前に出たかのように聴こえてきます。バランス接続時は丸みを帯びた輪郭がシャープなトーンへと変化し、キラッとした音が楽しめますよ。

Q1 MarkII(Amazon)

AL-LCH81

Engadget

ラディウス

DAC・24bit/192kHzまで

対応・ロスレス/ハイレゾロスレス

22,965円(Amazon価格)

バッテリー非内蔵、つまりiPhone側からの電力供給で動作するポータブルヘッドホンアンプです。本体から短いLightningケーブルが伸びており、別途ケーブルを用意する必要はありません。接続コネクタは3.5mmステレオミニジャックのみ。

音質は70~80’sロック向きのマットな傾向があり、乾き気味の鳴りでスピーディなドラムが得意。重低音域までは伸びていないのですが、実像感が強く聴き応えあるものです。インピーダンスの高いモニター用ヘッドホンが鳴らせるパワーも魅力です。

AL-LCH81(Amazon)

SHANLING UA2

Engadget

SHANLING

DAC・32bit/768kHzまで

対応・ロスレス/ハイレゾロスレス

12,760円(Amazon価格)

5月に発売されたばかりのモデルで、最新のDACを採用しているのが最大の特徴。極めてコンパクトですが、Apple Musicのハイレゾロスレスを超えるハイレゾ音源もフルにカバーします。接続コネクタは3.5mmと2.5mm。電源はiPhone側から供給します。

派手というか、アタックのスピードを活かして張りのある音を鳴らせる実力の持ち主。音の1つ1つが色鮮やかに感じるほど明るい音場をもたらします。パリッと明瞭なマスタリングをしている近年のポップス、ロックとの相性抜群。EDMやボカロ曲が好きな方にもおすすめします。

SHANLING UA2(Amazon)