既報の通り、Appleが「Apple Music」で提供する楽曲において音質面での大幅な刷新を行なう。

ひとつは、同社の仮想立体音響技術である空間オーディオを用いることで、リスナーを360度あらゆる方向から取り囲むよう立体編集された音楽をドルビーATMOS(Dolby Atmos)フォーマットで提供し始めること。当初は数1000曲から始め、順次、対応曲数を増やしていく。

もうひとつは、ロスレス圧縮形式(具体的にはApple Lossless Audio CODEC:ALAC)での配信に対応することだ。こちらは7500万に達する全楽曲が一気にロスレスとなる。サンプリングレートや量子化ビット数は、各楽曲のマスター品質に依存しており、Appleデバイスでは最大48kHz/24ビット、外部DACを用いることで最大192kHz/24ビットまでの楽曲を聴くことができる。

しかも全ユーザーが利用可能で、利用料金も全く同じ。空間オーディオもロスレスオーディオも、提供が開始される6月になれば誰でも楽しむことができる。

関連記事:

Apple Music、6月よりロスレス配信を開始。追加費用なし、Dolby Atmosにも対応

各サービスを利用できるデバイスの整理

このように大盤振る舞いなアップデートだが、ではどのようなデバイスでそれぞれ楽しむことができるのだろうか。

まず空間オーディオに関しては、最新のiOS / iPadOS / macOSが動作するすべてのAppleデバイスの内蔵スピーカーで再生できる(もちろんモノラルのMacなどは除く)。中でも空間オーディオに最適化してスピーカーが設計されている24インチiMacでは、Appleの設計者が意図した通りの立体音響が楽しめる。また、すでに販売は終了しているが、オリジナルHome Podを2台所有しているユーザーならば、Home Podを使っての再生も可能だ。

さらに最新版のtv OSが動作するApple TVをドルビーATMOS対応のAVレシーバやサウンドバーに接続すれば、そのサラウンドシステムを用いて立体音楽を楽しめる。これはマルチチャンネルのAVシステムを構築している人には嬉しいニュースだろう。

そのほかH1、W1チップを搭載するApple、Beatsブランドのイヤレスイヤホン、ヘッドホンでも空間オーディオの再生が可能だ。各イヤホンの機種を自動的に識別し、それぞれのイヤホンの特性に合わせた空間オーディオの信号処理が接続デバイス内で行われる。

加えて、他社製のイヤホン、ヘッドホンであっても、アプリの設定を変更することで空間オーディオ再生が可能だ。(この場合の立体感は製品ごとの特性に依存することになる)

次にロスレスオーディオの対応デバイスだが、こちらは各プラットフォームごと最新のOSが動作するAppleデバイスならば、そのどれもが再生対応している。しかし前述したようにサンプリングレートの上限は48kHzだ。

かなり昔のAppleデバイスは44.1kHzまでの再生対応だったが、ロスレス再生対応したデバイスはすべて48kHzの再生に対応しているので、互換性は意識しなくていい。要は最新のApple Musicアプリが動くならば、どれを使ってもロスレス再生が行えるということになる。

その上で、さらにUSBなどを通じて外部DACを接続すると、それぞれのDACに対応した上限のサンプリングレートで、最大8fs(192kHz)までのハイレゾ再生を行うことができる。

なお、AirPlay 2での音楽転送はAACを用いているためロッシーになる。

ソニーの360 Reality Audioとの関係は?

まずは空間オーディオから少し掘り下げよう。

空間オーディオ対応楽曲を制作する目的は、ハイレゾのように一部の高品位にこだわるユーザーだけが感じられるアップグレードではなく、誰もが感じられる音楽体験の変化をもたらすためだ。

そのコンセプトはソニーが展開している360 Reality Audio(360RA)と近似している。リスナーを中心にした半円球状の音場に対し、アーティストやエンジニアが音源の位置を自在に配置、アレンジするというもの。すでにソニーのアプリなどで体験したことがある人もいるかもしれない。(体験には主にソニー製の対応製品が必要)

360RAは、オブジェクトオーディオ(定位するオブジェクトの位置を自在に指定し、複数配置するオーディオ技術、フォーマット)の形式としてMPEG-Hという国際標準を用いている。ただし再生できる環境は限られており、オブジェクトオーディオに対応した一般的なサラウンドシステムでも再生できる例はほとんど聞かない。

関連記事:

ソニー、立体音響 360 Reality Audio を4月16日から国内展開 対応製品も発表

そこでAppleはドルビーATMOSを使い、同様のコンセプトの音楽体験を提供することにした。ドルビーATMOSは元々、劇場向けのオブジェクトオーディオ技術だが、その後、それを家庭向けに展開し、多くのAVレシーバやサウンドバーも対応している。

仮想的に立体音響を再現する空間オーディオはApple独自の技術で、ATMOSをデコード後に立体音場に再配置するのだが、物理的な7.2.4などのATMOSシステムを持っているならば、そのままのシステムで体験できるというのが利点だろう。

なお、ソニーの技術でも、ドルビーATMOSの場合でも、立体音響の編集はPRO Tools向けのプラグインが提供されている。編集ツールそのものは別々だが、エンジニアが両対応することは(ある程度の手間はあるが)可能だろう。

Appleが数1000曲をATMOS対応にした上、今後さらに増やしていくということで、あるいは360RA向けのMPEG-H楽曲も増えていく可能性がある。また、どうやらAppleとソニーは、この2つの技術について話し合っているようだ。今後、どのように展開するかはわからないが、両社とも、音楽の新しい体験を提供したいという考えでは一致している。

ダウンロード、WiFi、携帯回線ごとに品質を選択可能

ロスレスオーディオについても少し掘り下げてみよう。

Appleはこれまで、プリエコーのない優秀なサンプリングコンバーターと多ビット入力のエンコードが可能な可変ビットレートのAACエンコーダを用いることで、256Kbpsでマスタークオリティを実現できると主張していた。

実際、マスタリングスタジオで聴き比べたことがあるが、マスターがハイレゾであるならばAppleのエンコーダでAAC化してもその雰囲気を壊すことはなかった。Apple DIgital Mastersと銘打たれた配信楽曲がそれで、洋楽の新曲はかなりの割合が対応している。

256kbpsのAACならばBluetooth接続のワイヤレスイヤホン、ヘッドホンでも楽しめるため、このエンコーダ技術が重要であることに変わりはない。しかし、ロスレスであること、もっと言えばアーティストやマスタリングエンジニアが承認したマスターそのものをビットパーフェクトで入手したいニーズがあることも確かだ。

とはいえ、ロスレスであれば容量が大きく、特にモバイル環境ではダウンロード容量を消費するため通信課金の問題も出てくる。あるいは端末内蔵のフラッシュメモリ容量の制約も考えねばならない。

そこで携帯電話回線時、無線LAN接続時のストリーミング時に加え、端末ダウンロード時を加えた三つの状況に応じて、それぞれ三つの品質が選択可能になる。

ひとつは高品位モードでAACの256kbps、次にロスレスで48kHzを上限とする16もしくは24ビットのALAC、そしてハイレゾロスレスに設定すれば最大192kHzのALACが利用できる仕組みだ。

ちなみにオフライン用にALACをダウンロードした場合は、端末内でAppleのエンコーダを用いてAAC化されてBluetoothイヤホン/ヘッドホンに転送される。48kHz系列の楽曲の場合、Apple Musicでストリーミングされる44.1kHzよりも高いサンプリング周波数になるのは多少の利点になるかもしれない。

ちなみにAndroid用のApple Musicアプリでも、6月にロスレス、ハイレゾ配信のアップデートが行われる見込みだ。ただし、空間オーディオには6月の時点では対応せず、将来のサポートに関しても未定となっている。

空間オーディオの普及加速とロスレス配信の普遍化が進む?

さて、今回の発表で驚くのは、やはり料金据え置きで空間オーディオとロスレス配信が行われることだろう。特にロスレス配信に関しては、全ての楽曲が対象となり、しかもマスターが192kHz対応ならば192kHzでも同じ料金というのだから、これまでロスレスやハイレゾを売りにしてきたストリーミングサービスから乗り換える人も出てくるかもしれない。

ただ、Apple MusicがApple製品ユーザー向けに提供されているサービスであることもあり、Android用にロスレス / ハイレゾ配信は行われるものの、目玉の空間オーディオは利用できない。また、Apple Musicの再生が可能なインテリジェントスピーカー、ネットワークプレーヤーなども、現時点でApple Musicに対応している機器ならばロスレス / ハイレゾ再生は可能になる可能性が高い(ALACがオープンソースのため)ものの、今後の動向は不明だ。

とはいえ、すでにロスレス対応を発表済みのSpotify、高音質系ストリーミングサービスの定番であるTIDALやQubus、日本ではMoraなどへの影響は小さくないだろう。HDtracksやeOnkyoなどのハイレゾダウンロードサービスもビジネスの枠組みに関して見直す必要が出てくるかもしれない。特にハイファイ機器メーカーはApple Musicに対応していないところが多いため、今後の対応状況など今回の発表で業界が騒がしくなる可能性がある。

また空間オーディオに関しても対応曲が数1000曲単位で投入され、専用プレイリストの編集なども行われるというから、この新しい体験の普及が加速されることも期待できるだろう。

個人的には空間オーディオの盛り上がり及びソニー360RAとの再生環境、あるいはフォーマットや規格として統合、あるいは相互乗り入れに期待したいところだ。