Apple Music

高音質版Apple Musicが18日に発表されると噂された直後に、iPhoneとMac用Apple Musicアプリの「見つける」タブに謎めいたティザー(情報を小出しにする思わせぶりな広告)動画が表示され始めました。

その上には「まったく新しい音楽体験がやってきます」「まもなく配信」が付けられており、Apple Musicの新プランを示唆していると思われます。英語版では「Get ready-music is about to change forever」(準備をしなさいー音楽は永遠に変ろうとしている」とさらにセンセーショナルな台詞が被せられています。

iOS 14.6ベータからは“Lossless”という文字ともに“Dolby Audio”や“Dolby Atmos”も見つかっており、空間オーディオを強くほうふつさせていました。そして今回の新たなティザーでは、黒と白のApple Musicロゴが遠近感たっぷりに立体的に回転しており、おそらく空間オーディオを遠回しに予告していると思われます。

もっともAndroid版Apple Musicでは空間オーディオ関連の文字は見つかっておらず、そちらではロスレスのみに留まるのかもしれません。

先日の噂では、18日のApple Music高音質プランと同時に第3世代AirPodsも発表される可能性があると述べられていました。もっとも第3世代AirPodsは2021年後半に量産が始まるとの予想もあり(空間オーディオ対応の噂もありません)、不確定要素が強そうです。

いずれにしろ、18日か19日(日米の時差のため)に何らかの動きがありしだい、本誌でもお伝えする予定です。

 

Source:Apple

via:MacRumors