iPhone Tips

iOS 14.5からApple Musicで配信されている曲の歌詞が「メッセージ」や「AirDrop」で共有できるようになりました。お気に入りの歌詞を友だちにおすすめしてみましょう。

歌詞を選択して共有できる

前提として、歌詞を共有するにはApple Musicのサブスクリプションに登録している必要があります。まずは「ミュージック」アプリを起動し、共有したい楽曲のメニューを開きます。次に「歌詞の共有」を選択します。

iPhone Tips
▲楽曲の「…」をタップ(左)。開いたメニューのなかから「歌詞を共有」をタップ(右)

すると、写真などのファイルと同じように共有画面が開きます。歌詞が表示された部分をスクロールし、共有する歌詞をタップしましょう。次に共有方法を選択。「メッセージ」を選ぶと新規メッセージ画面が開き、画像のように歌詞が表示されるので、宛先を設定して送信します。

iPhone Tips
▲歌詞をスクロールしながら共有したい部分をタップし、共有方法を選択(左)。宛先を入力し、送信アイコンをタップ(右)

ちなみに、再生画面からも共有手順に進めます。歌詞を表示した状態で歌詞を長押し。すると、共有画面が開くので同じ手順で操作します。

iPhone Tips
▲再生画面で共有する歌詞を長押し(左)。共有画面で歌詞を選択、共有方法を選ぶ(右)

共有部分をすぐに再生

受信した側もApple Musicに登録していれば、歌詞が表示されます。さらに右下の再生アイコンをタップすると、共有部分を「メッセージ」アプリ上で聴くことができます。歌詞の部分をタップすると、Apple Musicが起動します。

iPhone Tips
▲受信側にも歌詞が表示され、再生アイコンをタップすると共有部分が流れる(左)。歌詞をタップするとApple Musicが起動(右)

Gallery: Apple Musicなら歌詞が共有できる!おすすめをシェアしてみて:iPhone Tips | of 5 Photos

  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>