Engadget
Engadget

iOS 15(およびiPadOS 15)の到来により、この最新OSにアップデートしたApple Musicユーザーは、空間オーディオを再生するためのダイナミックヘッドトラッキング機能が利用可能になりました。この機能とAirPods ProまたはAirPods Maxの組み合わせにより、Dolby Atmosの空間オーディオ対応の音楽リスニングにおいてヴォーカルや各楽器の音があたかもその場にいるかのように聴こえます。

わかりやすくいえば、再生中にユーザーが右を向けば音は左にパンし、左を向けばその反対、といったように目の前にステージがあるようなリアリティを伴って再生されるということです。なお、ヘッドトラッキングを伴わない通常の空間オーディオ再生については、ジャイロと加速度計を内蔵しないAirPodsやBeats製品、対応するアップル製品の内蔵スピーカーでも利用できます。

Apple MusicはDolby Atmosへの対応を発表し、今秋からのヘッドトラッキング機能のサポートを予告していました。ただ、それがiOS 15と関連性して到着するとは述べていませんでした。

iOS 15 / iPadOS 15へのアップデートが無事に済んだ(空間オーディオに対応する)iPhone / iPadユーザーは、AirPods ProもしくはAirPods Maxを使えば、Apple Musicのカタログ中のDolby Atmos対応の楽曲でよりリアリティある音楽体験ができるようになっているはずです。ただし、あまりのリアルさ、ライブ感に、ノリノリになって頭を振りすぎるとヘッドホン / イヤホンがどこかへすっ飛んで行ってしまうかもしれないので、ご注意を。

Source:Apple(1)(2)