karandaev via Getty Images
karandaev via Getty Images

Spotify、Apple Music、YouTube Music、Deezerは、BBCの調査結果を受けて様々な差別的表現を含むコンテンツをサービスから削除しています。

英国政府のデジタル・文化・メディア・スポーツ省が、Apple Musicをはじめとする主要な音楽ストリーミングサービスの収益が、ミュージシャンらにどのように分配されているかについての調査をおこなったところ、Apple Musicをはじめとするすべての主要な音楽ストリーミングサービスに差別的なコンテンツが含まれていることがわかった報告しました。

問題のコンテンツには、たとえば白人至上主義であったり、ナチス指導者だったヒトラーの演説を引用したものなど、多分にヘイト的内容を含む複数の事例がみつかったとされ、Apple MusicやSpotify、DeezerまたはYouTube Musicといったサービスはそのような差別的コンテンツを削除する措置を講じはじめました。

BBCは、問題の規模がどれほどかをはかることは難しいものの、一般的に不快な内容を含む楽曲やコンテンツが20種類以上、簡単に見つかったとしています。そのなかには、アーリアンネイションズ(白人優越主義を提唱する過激派カルト団体)を称賛する内容の楽曲であったり、ホロコーストを称賛し歌詞に反ユダヤ主義な観念や言葉を頻繁に使用するするバンドや、ナチズムに影響を受けたジャンルと認識されるNational Socialist Black Metalと(NSBM)称する音楽ジャンルを集めたプレイリスト、公民権団体がヘイトグループと認識する組織に関するグループなどが含まれます。

Spotifyは、BBCがざっと調べて発見した20ほどの楽曲査報告したいくつかのコンテンツが、明らかにヘイト要素を含むコンテンツに関するポリシーに抵触していたと述べ「人種や宗教により特定のグループや個人に対するヘイトを明示的に煽動するコンテンツを禁止」しているとしました。

Apple Musicは「ディストリビューターや権利所有者がこのようなコンテンツを提出するのを禁止する強力な編集ガイドライン」があるとBBCに述べ、差別問題の発見された楽曲は非表示化し、さらに全体の調査をおこなっているとしています。

一方、YouTube Musicは「どのコンテンツが許容されないか、芸術的表現が安全である範囲を逸脱するケースを明確化するガイドライン作成に懸命に取り組んできた」そのサービスにヘイトコンテンツが含まれる余地はないと述べています。

いずれのサービスも、ヘイトを制限するポリシーやルールを設けているとしましたが、簡単な調査で数十もの煽動的コンテンツが発見されたことについては具体的な説明はありません。

音楽ストリーミングサービス界隈では2017年、カリフォルニア州シャーロッツヴィルで極右団体の集会とそれに抗議する人々による衝突が発生したのをきっかけに、ヘイトを煽るような音楽を取り下げる動きがありました。しかし現状では、自動化されたコンテンツフィルタリングには明らかな限界があるようです。

以下蛇足。音楽は情感や思想を創作的に表現するための手段であり、それそのものには罪はないとする考え方ももちろんあります。たとえば数十年前から現在に至るまで、激しいサウンドを用いるロックやメタルミュージックは、一部の人々や団体から悪魔崇拝者の音楽だなどとして散発的に非難の標的とされてきた歴史があります。それら事例の多くは、実際には音楽性や歌詞の一部が過激だったりするだけで、関連性のないものでした。

しかし、ヘヴィメタルのバリエーションのなかでも、主にロシアや東欧圏で人気があるNSBMのようなサブジャンルには、ホロコーストや反ユダヤ主義を扱う内容の歌詞が一般的に含まれていると、公民権団体Hope not Hateのニック・スプーナー氏は述べています。そして、メタルミュージックのコミュニティは広範なメタルシーンのなかでNSBMの誕生と「その勢力の拡大を見逃してきた」としました。

人一倍感受性の高い人が、何かをきっかけとしてヘイトを煽動するような音楽に触れ、差別やLGBT嫌悪の考えを持つ人々と交流するようになれば、そうした考え方に染まっていく危険性はないとは言えません。音楽ストリーミングサービスは人々にとって音楽をより身近な存在にしましたが、同時にアンダーグラウンドな存在だった問題あるコンテンツも、身近にしてしまったかもしれません。

source:BBC

via:AppleInsider