Apple Pay  nanaco WAON
▲ iPhoneの「ウォレット」アプリ。クレジットカードや電子マネーなどが登録できます

セブン&アイの電子マネー「nanaco」とイオンの電子マネーの「WAON」が、10月21日からApple Payに対応しました。ガラケーの時からおサイフケータイでこれらの電子マネーを利用している筆者にとって、待望の出来事。おサイフケータイで利用できる電子マネーがほぼほぼApple Payに対応したことで、メイン端末をAndroidスマホからiPhoneに乗り換えることができそうです。

早速、サブ端末のiPhoneで利用してみたのですが、手持ちの虹色デザインのnanacoカードの取り込みも、ブルーのWAONカードの新規発行も実にスムーズ。筆者はiPhoneの「ウォレット」アプリから操作しましたが、公式のnanacoアプリやWAONアプリからでもカードの新規発行が可能です。

ウォレットアプリではWAONの新規発行時に1000円以上のチャージが必要になりますが、それぞれの公式アプリではチャージ不要で残高0円のカードを新規発行することができます。取りあえずカードを作ってみたいというお試しにも便利そうです。

ただnanacoとWAONそれぞれ、ウォレットアプリと公式アプリではできることが異なるので、その違いを表にまとめてみました。また、取り込める既存カードや新規発行できるカードも限定されています。手持ちのカードが取り込みに対応していない場合は、そのカードの残高を使い切って、新しいカードを新規発行してください。なお取り込んだ後のカードは無効になります。

Apple Pay  nanaco WAON

WAONアプリで新規発行できる「ご当地WAON」というのは、地域色豊かな券面デザインで人気のWAONカード。このカードを使って買い物をすると、金額の一部をイオンがその地域の自治体などに寄附してくれます。

ご当地WAONユーザーは、今、使っているカードを取り込むことはできないものの、WAONアプリを通じて159種類(10月21日時点)のご当地WAONを新規発行することができます。筆者は焦ってブルーのWAONカードを新規発行しましたが、ご当地WAONにすれば良かったと後悔。ただ、WAONやnanacoはApple Pay上で複数枚、保存することができるので、取りあえず残高0円でご当地WAONを発行しておこうと思います。

Apple Pay  nanaco WAON
▲ ご当地WAON。いろいろな地域のカードがあってどこのものにするか悩みます

このような独自の機能はApple Payのnanacoにもあります。実はAndroidスマホで利用しているnanacoを、Apple Payのnanacoに引き継ぐことができるんです。この機能は筆者のようにAndroidスマホからiPhoneへの乗り換えを考えている人にとても便利。本来なら残高を使い切って乗り換える必要があるところ、それぞれの端末のnanacoアプリで操作し、引継番号を使うことで、Androidスマホのnanacoの残高を、そのままiPhoneに移行できます。

なおこの移行は、逆のiPhoneからAndroidスマホには非対応。またWAONはこのような異なるプラットフォームへの連携には対応していません。

Apple Pay に対応したnanacoとWAONの最も便利なところはチャージだと思います。ウォレットアプリに登録してあるMastercard、JCB、アメリカン・エキスプレスブランドのクレジットカードやデビットカードのどれからでも、チャージすることができます。これらのカードをnanacoやWAONの公式アプリに登録して、チャージすることも可能。

Apple Pay  nanaco WAON
▲ nanacoとWAONの公式アプリのホーム画面。アプリの仕様も異なります

nanacoは「セブンカード・プラス」「セブンカード」、WAONはイオンマークの付いた「イオンカード」と、それぞれのグループ会社が発行するカードを各公式アプリに登録すれば、オートチャージ設定することもできます。この場合、Visaブランドのカードからでもチャージが可能。そのほかのチャージ方法は店舗やコンビニなどのレジや専用端末を使っての現金チャージ、貯まっているポイントからのチャージは各公式アプリで操作できます。

筆者はこれまでAndroidスマホでnanacoはクレカチャージしていましたが、WAONは現金チャージで利用していました。この現金チャージが筆者にとってはかなり面倒で、正直、あまりWAONを利用していなかったのですが、Apple Pay のWAONではウォレットアプリに登録してあるクレカから手軽にチャージできるようになったので、これからはWAONの利用頻度が上がりそうです。

nanacoやWAONで支払うと、加盟店によって100円または200円ごとに1ポイントが貯まります。このポイントはそれぞれの公式アプリで確認できますが、nanacoの場合、ウォレットアプリでも確認することができます。この機能はすでにApple Payに対応しているSuicaやPASMO、そしてWAONにはない機能。支払い時などに残高に加えて、貯まっているポイントも確認できるのは便利です。

Apple Pay  nanaco WAON
▲ ウォレットアプリのnanacoとWAONの表示。残高や利用履歴のほか、nanacoにはポイント表示もあります

Apple PayのnanacoやWAONは、Apple Watchでも利用することができます。WAONの場合、iPhoneを持っていなくても、ファミリー共有設定されたApple WatchにWAONを設定することで、支払いができるのが便利。例えば、親のiPhoneから子どものApple Watchにお小遣いをチャージすることができます。残高がなくなった時に、子どもが親にメッセージを送って、チャージをおねだりできるのもユニークです。

このような独自の機能はあるものの、基本的にnanacoもWAONもできることにそう違いはありません。注意すべきは利用開始時。筆者のように後悔しないよう、ご当地WAONを発行したい場合は、WAONアプリから操作してください。


【関連記事】

Apple Payの「nanaco」使い方・注意点まとめ。大型還元は11月

iPhoneとApple Watchで「WAON」を利用可能に、還元キャンペーンも実施