Podcast
Apple

アップルは21日の「Spring Loaded」イベントにてPodcastのサブスクリプションサービスを発表しました。ユーザーは加入者限定の番組を聴けるとともに、Podcastクリエイターを支援することができます。

本サービスは以前から噂されていたとおり、iOS 14.5、iPadOS 14.5およびmacOS 11.3以降に導入されるもの。ティム・クックCEOは「新たなコンテンツをアンロック(限定番組の視聴)できるだけでなく、広告なしでの視聴や早期アクセスなど、さまざまな特典を受けることができます」「これにより、お気に入りのポッドキャスターが起業し、創造性を発揮するのを支援できます」と述べています。

アップルのサブスクサービスといえば、気になるのが配信地域の範囲です。クック氏いわく「来月(5月)に170の地域や国で開始されます」とのこと。米国での価格は年間19.99ドル。その地域の中に日本が含まれるのか、ご当地オリジナル番組はどれほどあるのか、続報を待ちたいところです。

関連記事:

5分でわかるAppleイベントまとめ。7色カラバリ新iMac、M1搭載iPad Pro、落とし物トラッカーAirTagなど