ios14.5

アップルは今春リリース予定のiOS 14.5にてアプリトラッキング透明性(ATT)すなわち「異なるWebやアプリをまたいでユーザーを追跡する場合は、ユーザーの明示的な許可を得なければならない」ルールを導入すると予告しています。しかしアップルがすでに、ATTに準拠していないアプリのアップデートを却下し始めたと報じられています。

これまでATTについては、アップルが広告フレームワークの一部として提供するIDFA(Identifier for Advertisers)」が焦点となっていました。Facebookの広告追跡ツールはIFDAにより個人を識別していましたが、新たなルールの下では有効性が大きく減じる可能性があるとして、反対運動が繰り広げられてきた経緯があります。

それは「iOS 14.5の配信後」への対応のはずでしたが、米Forbesによれば、これまでにHeetchやRadish Fiction、InnoGamesなどいくつかのアプリがアップデートを却下されているとのこと。アップルから「あなたのアプリはユーザーを追跡するために、アルゴリズムで変換されたデバイスおよび使用データを使用して、一意の識別子を作成しています」と通知された上に、収集していたデータの一覧も送られてきたと伝えられています。

またモバイル広告計測プラットフォーム企業AdjustのSDK(ソフトウェア開発キット)は、デバイスフィンガープリンティングのためにデータ収集しているとして却下されたとのこと。Adjustは自社のサイトで「5万以上のアプリ」から信頼されていると述べており、影響もそれだけ広がりそうです。

デバイスフィンガープリンティングとは、デバイスに関する大量のデータを使って「デバイスの指紋」を生成して個々のユーザーを特定する技術です。Forbesによればソフトウェアのバージョン、最後のシステムアップデートからの時間、前回の再起動からの時間、場所やタイムゾーンからバッテリーの状態やディスク容量に至るまでデータを収集しているとのことです。

つまりIFDAを使わない、それ以外のユーザーを追跡する手段も却下の理由となっているわけです。なおアップルはユーザーが広告追跡のためにIFDAの利用を拒否した場合、他の追跡方法も拒否していると宣言しているため、今回の対応は想定の範囲内ではあります。

アップルはiOS 14.5をいつリリースするかは明らかにしていませんが、アプリ開発者らに新ルールの遵守を求め始めたということは、正式リリースが近い可能性を強くうかがわせます。ユーザーにとってはプライバシー保護の強化もさることながら、Face ID対応iPhoneをマスクしながらロック解除できる新機能が待ち遠しいかもしれません。

Source:Forbes

via:MacRumors