Swift Playgrounds 4
Apple

アップルは15日、iPad上から直接iPhoneとiPadのアプリを作成してApp Storeに登録できるSwift Playgrounds 4が利用可能になったことを発表しました。6月に開催された世界開発者会議WWDC 2021で予告され、先日のiPadOS 15.2リリースに続いてようやく配信されたかっこうです。

Swift Playgroundsは、開発者や学生がアップルのプログラミング言語Swiftを学べるアプリです。これまでにもMacおよびiPad向けに提供されており、アップルは「コーディングの知識は一切不要。だから、これからコードを学び始める学生や生徒のみなさんにぴったり。Swiftを使ってパズルを解きながら、コードの基本をマスターできます」と紹介しています

そして最新アップデートに関しては、公式リリースいわく「Swift Playgrounds 4では、iPad上から直接iPhoneとiPad向けのAppを構築でき、App Store Connectに直接提出できるため、Appを簡単に作成し世界に配信することができます」とのこと。

これまではiPadで技術を習得できたとしても、実際にアプリを作ったり世界に公開しようとすればMacを買う必要がありましたが、iPad単体ですべて出来るようになり劇的に(金銭面での)ハードルが下がったといえます。

また公式リリースによれば「Appをビルドしながらすぐにライブプレビューを確認でき、全画面モードでAppを実行してテストを行えます。Swiftパッケージに基づくオープンプロジェクト形式はiPad用のSwift PlaygroundsやMac上のXcodeで開いて編集でき、iPadとMacでのApp開発にさらなる柔軟性をもたらします」とのことです。iPad単体でもすべての作業はできるが、Macを持っていれば2つの環境を行き来できて生産性がアップするわけです。

WWDC21開催前には、M1 iPad Pro向けにMacと同等の開発環境Xcodeが出るとのウワサもありましたが、実際にはSwift Playgrounds 4が発表されたという経緯があります。

ともあれ、プログラミング言語を学べる場が、約4万円のiPadを買うだけで手に入るのは喜ばしいことでしょう。すでにiPad用のSwift Playgrounds 4はこちらから配信中であり、興味のある方はお手元のiPadがiPadOS 15.2にアップデートされていることを確認した上で入手してみてもよさそうです。

Source:Apple