iCloud

Appleが1月31日(現地時間)、Safariに保存したパスワードがWindows版Google Chromeでも利用できる拡張機能「iCloudパスワード」をリリースしました。

iCloudパスワードは文字通り、ChromeでiCloudに保存したパスワードを使えるというもの。利用するには同拡張機能に加え、iCloud for Windowsのインストールが必要です。

iCloud
Apple

合わせてiCloud for Windowsの最新版ではパスワードの項目が追加されています。この機能により、iOSあるいはmacOSのSafariで作成、保存したパスワードをChromeでも利用できるようになっています。

さらに同期は双方向に行われ、Chromeで作成した新しいパスワードもiCloudキーチェーンに保存されるとのこと。

つまり、Windows版Chromeで作成したパスワードを、iOSやmacOSでも利用できます。


なお、筆者の環境では、執筆時点ではChrome拡張機能はインストールできたものの、iCloud for Windowsにパスワードの項目がまだ追加されておらず、利用できませんでした。

Chromeユーザーは、Googleのパスワードマネージャーや1Passwordなどのサードパーティアプリを利用している人も多いと考えられますが、iCloudパスワードはWindowsとMacで、iOSで横断して使えるのが強み。とくに「WindowsではChromeだけれど、iPhoneではSafariを利用している」という場合には便利になりそうです。


via: 9to5Google
Source: Chromeウェブストア