アップル、ベテラン幹部フィル・シラー氏の「アップルフェロー」移行を発表

大物の人事異動が続いています

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年08月5日, 午後 12:15 in Apple
0シェア
FacebookTwitter
Apple
Apple

アップルは8月4日(米現地時間)、ワールドワイドマーケティング担当SVP(上級副社長)のフィル・シラー氏が同職を退任し、アップルフェローになると発表しました。アップルフェローとは、各分野のエキスパートにアップルが与えている称号であり、ビル・アトキンソン氏やスティーブ・キャップス氏のほか同社共同創業者のスティーブ・ウォズニアック氏にも贈られています。

これに伴いワールドワイドマーケティング責任者の後任は、グレッグ・ジョスウィアック(現ワールドワイドプロダクトマーケティング担当副社長)になるとのこと。ジョスウィアック氏は、エクゼクティブ(組織運営)チームに加わる予定です。

アップルフェローとして、シラー氏は引き続きApp Storeおよびアップルのイベントを主導し、「思考パートナーシップとガイダンス」を提供し続け、ティム・クックCEOに直接報告する立場にあります。同氏は昨年、広報責任者だったスティーブ・ダウリング広報担当副社長の業務も引き継いでいましたが、そちらの後任は記事執筆時点では不明です。

シラー氏は1987年に入社し、スティーブ・ジョブズ氏がアップルに復帰した直後から仕事をともにした現エクゼクティブチーム最古参の人物です。同社のキーノートにもたびたび登壇し、2016年にはApp Storeの責任者に就任してからは反トラスト法違反を追及する動きへの矢面に立ったことも記憶に残ります。

そしてワールドワイドマーケティング責任者を引き継ぐジョスウィアック氏は、プロダクトマーケティング全般で20年以上リーダーシップを発揮し、初代iPodやiPhoneを含む数々の大ヒット製品の製品管理やマーケティングに貢献してきた経歴があります。

Apple
Apple

今回のシラー氏の異動は、昨年4月に小売責任者アンジェラ・アーレンツ氏が辞職し、同年末にデザイン最高責任者だったジョニー・アイヴ氏が独立して自らのデザイン会社を起業したことに続くもの。アップル社内でもしだいに人事の刷新が進められているのかもしれません。

Source:Apple

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Apple, Phil schiller, tim cook, news, gear
0シェア
FacebookTwitter