MagicKeyboard
Apple

アップルがTouch ID搭載Magic Keyboardの単品販売を、正式に開始しました。Appleシリコン搭載Mac用とうたわれており、テンキーありとなしの2種類が用意されています。

Touch ID搭載Magic Keyboardは1万5800円(税込、以下同)、Touch ID搭載でテンキー付きは1万8800円で、すでに日本向けオンラインストアでも販売中です。記事執筆時点では、0%手数料分割払いプランも用意されています。

これらTouch ID搭載Magic Keyboardは、今年4月の「Spring Loaded」イベントにて、新型の24インチiMacとともに発表・発売された製品です。当初はiMacとのセット販売のみでしたが、後にすべてのM1(Appleシリコン)Macでも使えることが正式に確認されており、一部のユーザーから単品販売が待たれていました。

Touch ID内蔵Magic Keyboardを使えば指紋によるMacのロック解除はもちろん、Apple Payによる買い物を迅速、簡単かつセキュアに行うことができます。またファストユーザスイッチにも対応しており、複数のユーザーは指を触れるだけで専用のユーザープロファイルに切り替えられます。

こうしたTouch ID機能はM1 Macにしか対応していません。今回の単品販売が持つ意義は、M1 MacBook AirやMacBook Proよりも、Touch ID機能を使う手段がなかったM1 Mac miniユーザーにとって大きいと言えそうです。

インテルMacやその他のデバイスでも、Touch ID機能を除けば普通のBluetoothキーボードとして使用できると思われます。とはいえ、その場合は使えない付加価値によぶんなお金を払うより、比較的安価なTouch IDなしのMagic Keyboard(テンキーなしは1万800円)を買った方が賢明でしょう。

Source:Apple

via:9to5Mac