M1
Apple

アップル独自開発の「M1」チップはしだいに性能が明るみとなっていますが、新たに内蔵GPUの性能を窺わせるベンチマーク結果が公開されています。

本ベンチマークはGFXBench 5.0により、アップルのMetal APIを使って計測されたものです。その結果は、他社製グラフィックボードであるNVIDIA「GeForce GTX 1050 Ti」やAMD「Radeon RX 560」の両方を大きく上回ることに。ほぼ全てのテスト項目で、M1チップは優れたパフォーマンスを発揮していることが確認できます。

benchmark

M1内蔵のGPU設計は記事執筆時点では謎に包まれており、アップルはほとんど情報を明かしていません。わずかに公式発表されているのは、8コア搭載であり、浮動小数点演算性能の目安となるFLOPS(フロップス)値が2.6TFLOPS、そして2万5000近くのスレッドを同時に処理できることのみ。このうちFLOPS値からRX 560Xと並ぶと推測されていましたが、それ以上の結果が出たかっこうです。

とはいえ、GTX 1050 TiとRX560ともに約3年前の古いグラフィックボードであり、最新鋭GPUとは程遠いものです。ちなみに最新世代ゲーム専用機のPS5は最大10.3TFLOPS、Xbox Series Xは12FLOPS、1世代前のPS4は1.84TFLOPS(強化版のPS4 Proは4.20FLOPS)であり、M1内蔵GPUは「PS4超えだが、現世代のゲーム専用機には敵わない」位置づけと思われます。

しかし比較対象となったグラフィックボードはどちらも消費電力75Wのデスクトップ用であり、MacBook Air等にも搭載されるM1としては大健闘と言って差し支えないはず。

もっかの不安材料は、M1チップ搭載Macが3機種ともeGPU(外付けGPU)に対応してないことでしょう。重めの動画処理などプロユースが想定されるMac Pro後継機ではeGPU対応となるのか、それともアップル独自開発のeGPUが投入されるのか。今後の展開を見守りたいところです。

Source:Tom’s Hardware

Via:9to5Mac