Apple
Apple

アップルが、Apple Silicon “M1“チップを搭載するMac miniを発表しました。Apple Silicon搭載の開発機はデベロッパー向けに提供されていましたが、製品として販売するとの話はあまり出ていなかったので、もしかしたら不意を突かれた人もいるかもしれません。

この記事では新しく出たM1 Mac miniとインテルMac miniを比較してみました。

機種 Mac mini
(2020 Late)
Mac mini
(2020 Early)
プロセッサー 8コア(4x高性能、4x高効率)
Apple M1

16コアNeural Engine
3.6GHz 4コアCore i3
Op:3.2GHz(最大4.6GHz) 6コアCore i7

3.0GHz(最大4.1GHz)
6コアCore i5
Op:3.2GHz(最大4.6GHz)
6コアCore i7
グラフィックス 8コアGPU(M1) Intel UHD Graphics 630
ストレージ 256GB
Op:512GB / 1~2TB

512GB
Op::1~2TB
256GB PCIeベースSSD
Op:512GBまたは1 /2TB

512GB PCIeベースSSD
Op:1 /2TB
RAM 8GB ユニファイドメモリ
Op:16GB
8GB DDR4 SO-DIMM
Op:16 /32 /64GB
ワイヤレス 802.11 ax WiFi 6
Bluetooth 5.0
802.11a/b/g/n/ac WiFi
Bluetooth 5.0
入出力 Thunderbolt 3 / USB 4 x2
以下を兼用
DisplayPort
Thunderbolt(40Gbps)
USB 3.1Gen 2(10Gbps)

USB-A(最大5Gbps) x2
HDMI 2.0
1GbE
Thunderbolt 3(USB-C) x4
以下を兼用
Displayport
Thunderbolt(40Gbps)
USB 3.1 Gen 2(10Gbps)
オーディオ 内蔵スピーカー
3.5mmヘッドホン端子
マルチチャンネル(HDMI端子)
3.5mmヘッドホン端子
マルチチャンネル(HDMI端子)
大きさ 高さ36 x 幅197 x 奥行き197mm 高さ36 x 幅197 x 奥行き197mm
重さ 1.2kg 1.3kg
税別価格 Apple M1チップ
256GB 7万2800円
512GB 9万2800円
3.6GHz 4コアCore i3
256GB 8万2800円

3.0GHz 6コア Core i5
512GB 11万2800円~

新しいMacBook Pro、MacBook Airと同様に、M1チップを搭載するMac miniではArmベースプロセッサー搭載の利点としてiOSアプリを実行できるメリットがあり、Xcodeのコンパイル速度が3倍速いとのこと。またFinal Cut Proの複雑なタイムラインを最大6倍速でレンダリングしたり、TensorFlowやCreate MLなどの機械学習フレームワークも高速化の恩恵を受けられます。

さらに価格も256GBストレージモデルは税別7万2800円からと安価になっており、開発やクリエイティブな作業向けのマシンとして手頃な選択肢になりそうです。M1 Mac miniは日本では11月17日発売です。

ちなみに、インテルCPU搭載のMac miniはCore i3搭載のエントリーモデルがなくなり、6コアCore i5(オプションで6コア Core i7)搭載モデルだけになりました。


関連記事:

AppleシリコンMacBook Air発表。性能数倍でファンレス設計、M1チップ初搭載

新生MacBook Pro発表。Appleシリコン「M1」搭載、性能数倍で最長20時間駆動

新生Mac mini発表。AppleシリコンM1搭載でCPU性能最大3倍、グラフィックは最大6倍

次期macOS「Big Sur」、11月13日に配信開始。M1チップ搭載Macの能力を解放

M1チップ搭載Mac、「ユニバーサル」と「Rosetta 2」が動作アプリの幅を広げる

AppleシリコンM1搭載 MacBook Pro / Airをインテルモデルと比較。AirはGPUコア数に注意