Mac mini

アップルは2020年6月のWWDCにて、Macを2年かけてインテル製プロセッサから自社開発のAppleシリコンに移行するとの方針を発表しています。そこでは「いつ、どのような製品が投入されるか」には言及されませんでしたが、AppleシリコンMacのロードマップや今後12ヶ月間の見通しについて詳細な予想が伝えられています。

Bloombergの記者でアップルの内部情報に詳しいMark Gurman氏は、自らのニュースレター「Power On」の中で、アップルがMacをAppleシリコンに完全移行させる「2年間のスケジュールをかろうじて達成する」計画を立てていると述べています。M1 MacBook Airなどは2020年11月に発表されましたが、その他のMacも2022年11月までにAppleシリコンに移行を完了するとのことです。

また、これまで噂されてきた「M1X」プロセッサ搭載の新型MacBook Proは「今後数か月のうち」にリリースされる予定であり、新型ハイエンドMac miniは「その後すぐ」に登場。さらに2022年にはiMacが 「来年末までに完全移行」し、「Appleシリコンを搭載した刷新された小型のMac Pro 」も「来年(2022年)末にも」登場するーーGurman氏はそう予想しています。

ほかアップルは2022年内にデザインを刷新したMacBook Airの発売を計画しており、(磁石を使用した有線充電コネクタの)MagSafeもサポートされるとのことです。このMagSafe充電コネクタは次期MacBook Proでも搭載(数年前のMacBookから見れば「復活」)が噂されており、最近も5年ぶりにMagSafe公式ページが更新されていました

さらにGurman氏は、アップルがまだ現行のインテルMac Proのアップデートを計画していることを再確認しています。最近の噂でも、ワークステーション用のXeon W-3300シリーズを搭載する可能性が囁かれていました

以前Gurman氏は、Appleシリコン搭載のMac Proが現行モデルの約半分サイズになることや、そのためにアップルが20コアまたは40コアのCPUを開発中だと報じていたこともあります

今回の噂話は次期MacBook Pro、画面が14インチや16インチと広くなって最新12.9インチ iPad Proと同じミニLED技術が採用されたモデルが、年内に発売される可能性を高めるものです。その反面で、新型MacBook Airが2022年まで待ちという見通しが強められたかっこうです。

MacBook Airのような廉価モデルはMacの普及台数を伸ばして市場シェアを拡大するために最適のデバイスだと思われますが、世界的な半導体不足がiPhoneやiPadの製造まで制約するなかでは、アップルとしても投入を急げないのかもしれません。

Source:Bloomberg

via:9to5Mac