M1
Apple

11月11日の「One more thing」イベントでは、Apple Silicon“M1”チップを搭載した新型Macが3モデル発表されました。これら3機種がいずれも、外付けGPU(eGPU)に対応していないことが判明しました。

アップルは米TechCrunchに、M1チップ搭載のMacBook Air、13インチMacBook Pro、Mac miniすべてがeGPUをサポートしてないと回答したとのこと。記事執筆時点では、非互換性がM1チップに由来した一般的なもので今後のAppleシリコンMacに共通しているのか、それとも今回発表された3機種に限ったことなのかは不明です。ちなみに、AppleシリコンMac全般でeGPUのサポートが打ち切りないし互換性が低下する可能性は、早い時点から指摘されていました

これまでeGPUはMacBookシリーズやデスクトップMacに高度なグラフィック性能を与えてきた存在です。特に過去のアップル製ノートPCエンジン用はかなりのCPUパフォーマンスやRAM容量を備えていたものの、グラフィックについては非力な傾向があったため、eGPUは動画編集や画像処理を業務とするプロユース向けに愛用されてきた経緯があります。それらをMac本体とつないできたThunderbolt 3ポートはAppleシリコンMac3機種とも実装されていますが、eGPUサポートは打ち切られたかっこうです。

実際にアップル公式オンラインストアにあるBlackmagic eGPU製品ページ内の互換性リストには、今年5月に発売された13インチMacBook Pro(2020)はある一方でM1チップ版の名前はありません。イベント直後には「MacBook Pro(13-inch,M1,2020)」が載っていたとの報告もあり(下記画像。11日昼時点では削除済み)アップル社内でも混乱があったのかもしれません。

Apple Silicon

アップルはM1チップ内蔵のGPUがインテル製CPU内蔵GPUを超える処理速度を備えると謳っていますが、重い動画や画像処理でもeGPUを必要としない域にまで達しているのか。実機の使用レポートやベンチマーク結果を待ちたいところです。

Source:TechCrunch

Via:9to5Mac