engadget

日本のApple Storeが3月30日未明から税込表示に切り替わりました。4月1日より消費税を含む総額表示が義務化されることに伴う変更となります。

商品やサービスの価格表示は、消費増税を前にした2013年10月に、税抜き表示を認める特別措置法が施行されましたが、同措置法の効力が2021年3月31日でなくなります。そのため、Apple Storeに限らず、さまざまなオンラインストアや実店舗でも4月1日以降に税込表示に切り替わります。

なお、税込表示に切り替わる際には、「少しだけお待ち下さい」という表示とともにAppleのオンラインストアが一時的に利用できなくなり、SNS上では『突然の新製品発表か?』と話題となる場面もありました。

消費税をめぐっては、特に高額商品になればなるほど、表示される税別価格と実際に支払う税込価格の差に『こんなに消費税で取られるんだ』と感じたものですが、4月1日以降はそうしたことはなくなります。

Source:Apple Store