Apple
Apple

Apple TV+のSFドラマ『フォー・オール・マンカインド』は4月にシーズン2が終了したためApple TV+加入者にとってはSFロスな日々が続いているかと思われますがこの秋には新しいApple TV+オリジナルのSFシリーズが始まります。Apple TV+は、10月22日に新作SFドラマ『Invasion』の配信を開始することを明らかにしました。配信開始と同時に、まず最初の3エピソードが世界初公開され、その後は毎週金曜日に新しいエピソードが毎週放送される。

この作品は主演に『ジュラシック・パーク』のサム・ニールを迎え、日本からも『デッドプール2』でハリウッドのメジャー作への出演を果たした忽那汐里が出演しています。

作品の内容はだいたいタイトルから想像できるとおりで、エイリアンによる地球侵略がメインのテーマになります。予告編では、複数の主要キャストはそれぞれ世界各地、たとえば東京、ロンドン、アフガニスタンなどでそれぞれの日常を過ごしています。ところが、サム・ニール演じる保安官タイソンが、ある日突然畑に巨大なクレーターができているのを発見し、世界が侵略者のために次第に混乱していくさまが描かれます。

Apple TV+は『Invasion」の他にもアイザック・アシモフ原作『Foundation』の映像化を進めており、こちらも年内に配信される見込みです。

Source:Invasion