Apple Glass
AppleInsider

ここ数年にわたり、アップルはVR・AR(仮想現実および拡張現実)ヘッドセットを開発中と噂されています。その初の製品が2022年の開発者会議WWDCで発表され、「新型iPod」と密接に連携する可能性があるとの予想が報じられています。

世界的なVRエヴァンジェリストのロバート・スコーブル氏は、「アップルのVRヘッドセットが来年(2022年)のWWDCで発表されることを知った、なぜならクリスマスには新しいiPodが大流行するから」とツイートしています。

さらにスコーブル氏は「iPodは2022年のクリスマスに多くのヘッドセット体験を導入し、両者は連携する」とも付け加えています。アップル製VRヘッドセットと新型iPodの詳細には言及されていませんが「心を揺さぶるオーディオ体験」を特徴とし、「AR世界のための素晴らしいコントローラー」になるだろうと示唆されています

著名なITジャーナリストでもあるスコーブル氏ですが、アップルの未発表製品については確たる実績がありません。たとえば2017年には、アップルがカール・ツァイスと提携してARメガネをデビューさせると予測して外していました

しかし、アップルが近い将来にARとVRの機能を併せ持つヘッドセット製品を発表するとの噂は、複数の情報源からも伝えられてきたことです。アップルの未発表製品に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏も2022年第2四半期に発売され、価格は「ハイエンドiPhone」に近い1000ドル程度になると予想しています。またBloombergも発売時期は早ければ2022年頃としつつ、より高価なニッチ製品になるとの見通しを述べていました

かたや「新型iPod」はおそらく新型iPod touch(第8世代)を指すと思われますが、こちらは今年秋に発売との噂もあります。iPhone 12のように直線的なフラットエッジデザインとなり、ホームボタンがなくなった予想レンダリング画像も公開されています

今回のスコーブル氏がいう「VR・ARヘッドセットがiPod touchと密接に連携」は、これまで噂に上ったことがない予想です。おおかたの噂ではアップル製ヘッドセットは独立型の製品であり、iPhoneに依存せず単体で動くと見られてきましたが、昔ながらの「スマートフォンはめ込み式の簡易型ゴーグル」が登場すれば、それはそれで驚きを呼びそうです。

Source:Robert Scoble(Twitter)

via:AppleInsider