Engadget

iOS 14.5が配信され、Apple Watchと併用することでiPhoneのFace IDでロックを解除できるようになりました。季節に関わらずどんなシーンでもマスクの装着が推奨されるようになった時節柄、待望のアップデートと言えるでしょう。

Engadgetでは設定マスク姿でのロック解除方法に関する記事も掲載しているのでぜひご一読を。

iOS 14.5「マスク姿でFace ID」の設定方法。マスク姿なら誰でもロック解除可能

Apple Watch Series 6(Amazon)

Apple Watch Series 5(Amazon)

Apple Watch SE(Amazon)

Apple Watch Series 3(Amazon)

このアップデートを機にApple Watchの検討を考えているかたも多いのではないでしょうか?また、Apple Watchが手元にあっても古い世代だとマスク姿でのロック解除はできないことも留意しておきましょう。

iOS 14.5リリースノートによると、Apple WatchでiPhoneをロック解除については。マスクを着けたままのFace ID認証は、「Apple Watch Series 3以降」を使用して「iPhone X以降」のロックを解除する機能とあります。よって、この機能目当てにApple Watchを購入される際は必ずApple Watch Series 3以降の製品を購入しましょう。

Engadget

Apple Storeのサイトにて展開している現行モデルは「Apple Watch Series 6」「Apple Watch SE」「Apple Watch Series 3」の3機種です。AmazonがApple Watch Series 5を取り扱っているなど、ECサイトによってはラインアップは多少異なります。

Apple Watch Series 3

Engadget

ロック解除のために初めて(お試し程度に)購入するのであれば、Apple Watch Series 3がおすすめです。魅力はなんといっても価格。38mmモデルは2万1760円、42mmモデルは2万5060円と現行シリーズの中では群を抜いてお買い求めやすくなっています。

2017年に発売されたモデルで、デュアルコアS3プロセッサや光学式心拍センサーを搭載し、最大18時間駆動可能です。耐水性能50メートルなので、スイムなどのアクティビティにも対応しています。

Apple Watch Series 3(Amazon)

Apple Watch SE

Engadget

Apple Watch SE(GPS)の価格は、40mmモデルが3万2780円、44mmモデルが3万6080円です。2020年に発売されたモデルで、Series3比で最大2倍速いパフォーマンスを実現し、ディスプレイもSeries3比で30%大きくなっています。ほかSeries3にない機能としては、これまで多くのユーザーの危機から救ってきた転倒検知機能にも対応しています。

Apple Watchの転倒検出機能、ハシゴから落ちた92歳男性を救う

Apple Watch SE(Amazon)

Apple Watch Series 6

Engadget

Apple Watch Series 6(GPS)の価格は40mmモデルが4万7080円、44mmモデルが5万380円。こちらも2020年発売で、常時表示Retinaディスプレイと血中酸素濃度の測定に対応した現行機のハイエンドモデルです。Series5比最大20%速いパフォーマンスと、エネルギー効率が15%向上したS6SiPを搭載しています。

Apple Watch Series 6(Amazon)