Apple Time to Walk Fitness+
Apple

アップルはフィットネスサービスFitness+の一部として、 Apple Watch を着けて歩きながら聴くウォーキング用コンテンツ Time to Walk の提供を開始しました。

Time to Walk はウォーキングのために収録された語り+写真+音楽コンテンツ。各エピソードの再生時間は25分から40分ほどで、著名ミュージシャンやスポーツ選手、俳優などのパーソナリティが人生の転機やキャリアについて、生い立ちや思い出について、成功や失敗で得た教訓などパーソナルなテーマで語ります。

Apple Time to Walk Fitness+
Apple

音楽やトーク番組を聴きながら歩くのは至って普通のことですが、Time to Walk はウォーキングにちょうど良い長さで、歩きながら思いを巡らせるのに適したテーマの語りと、パーソナリティ自身が選んだ思い入れのある(そしてウォーキングに向いた)音楽のプレイリストがセットになっており、歩きながら聴くこと、歩くきっかけとなることに特化している点が特徴です。

語りの音声もパーソナリティが実際に歩きながら、または思い出の場所で収録するという徹底ぶり。音声に加えて、要所でApple Watch の画面に写真も表示されます。

Fitness+の一部として、Apple Watch のワークアウトアプリからエピソードを選んで直接開始でき、同時にウォーキングワークアウトの計測が始まります。歩くペースは自由。ペースを保たないとオチが聴けないようなこともありません。車椅子の場合は Time to Push として同様に体験できます。

Apple Time to Walk Fitness+
Apple

Apple Watch には新着エピソードが自動でダウンロードされるため、セルラーモデルである必要や iPhone を同時に持って歩く必要はありません。

Time to Walk コンテンツを聴く(+見る)には、Apple Watch Series 3以降と、AirPodsなどBluetoothオーディオデバイスが必須。iPhoneのFitnessアプリでエピソードをブラウズもできます。

Apple Time to Walk Fitness+
Apple

米国向けに最初に用意される4エピソードのパーソナリティは、

  • カントリーミュージック歌手 Dolly Parton

  • NBA選手 Draymond Green

  • ミュージシャン Shawn Mendes

  • 女優 Uzo Aduba

4月末まで毎週月曜に新エピソードが配信され、Fitness+ 加入者はいつでも過去のエピソードを選んでウォッチで楽しめます。

Apple Fitness+ サービスは、現在 米英カナダ・アイルランド・オーストラリアとニュージーランドで提供中。日本向けにはまだ提供されていませんが、いまから国内版のパーソナリティを想像してしまう取り組みです。

Time to Walk: An inspiring audio walking experience comes to Apple Fitness+ - Apple