▲ Apple Watch Series 7

10月15日に発売となるアップル「Apple Watch Series 7」を1週間ほど試用する機会を得た。

正直言って、今回のApple Watch Series 7は購入をスルーしようかと思っていた。この秋はiPhone 13シリーズだけでなく、Galaxy Z Fold3 5GやPixel 6などの新製品が目白押しであり、「お金がいくらあっても足りない」状態となっている。

そんななか発売となるApple Watch Series 7は、前モデルと比べて「画面がちょっと大きくなっただけでしょ」という進化なので、発表されたときは「スルーでいいかな」と思ってしまったのだ。

しかし、実際にApple Watch Series 7を使ってみると「結構、良いかも」と気持ちが変わってしまった。やはり、ちょっとでも画面が大きくなると見やすくなり、結局、「大画面化は正義」という結論に行き着くのであった。

Apple Watch(Amazon)

今回のApple Watch Series 7では、従来モデルに比べてディスプレイの縁部分が40%小さくなり、スクリーンの表示領域がSeries 6から約20%、Series 3から50%以上、拡大されている。

数字で比較すると、とても小さな進化のようにしか感じないが、実際に観てみると確かに大きく、見やすくなった印象だ。

メッセージなど小さな文字もかなり見やすい。また、Series 6で使っていたアプリを起動した場合も、わずかながら表示が大きくなるので、指でタッチした際の間違いが少なくなるような気がする。画面の大型化は視認性、操作性に大きなプラス材料となるといえるだろう。

▲ 左から順にApple Watch Series 7と、Apple Watch Series 6

個人的に気に入っている進化が充電関連だ。Apple Watch Series 7では充電アーキテクチャを見直し、さらに高速充電USB-Cケーブルが新たに同梱された。実際に充電してみると、60分で85%、75分で100%の充電となった。これを従来のUSB-Cケーブルで充電してみると60分で52%、80分で72%だったので、ケーブルが変わるだけで大分違いがあるのがわかった。

せっかく、これまでApple Watchを充電できる機器を揃えてきたのだが、新たに高速充電が可能なケーブルが出てきたとなると、買い換えたくなってしまうというものだ(ちなみに、新しい充電ケーブルでも従来のApple Watchは充電可能)。

充電時間が短くなることで、是非活用したいのが睡眠アプリだ。

これまでも、Apple Watchでは睡眠時間などの測定が可能であったが、就寝中に充電した方が効率がいいということで、ついつい就寝時はApple Watchを外して充電してしまっていた。

充電時間が短くなるということで、ちょっと仕事中に気がついたときにApple Watchを外して、ちょこちょこ充電すれば良くなった。アップルでも「8分の充電で8時間の睡眠を記録」とうたっており、これからは昼間に充電しつつ、就寝中もApple Watchを装着して、睡眠時間を計測し続けようと思う。

Tsutsumu Ishikawa Apple Watch Series 7

Apple Watchを選ぶ上で、是非ともおすすめしたいのがCellularモデルだ。

Apple Watchには「GPSモデル」と「GPS+Cellularモデル」が存在するが、お金に余裕があれば是非とも後者を買っておきたい。

GPS+Cellularモデルでは月額使用料はかかり、3キャリアしか対応していないが、iPhoneと同じ電話番号を利用することが可能だ。iPhoneを家に置いて散歩に出かけても、Apple Watchを装着していれば、出先でも電話の着信を受けることができる。

ジョギングや散歩の際にはiPhoneが邪魔で家に置いておくこともあるだろうが、GPS+CellularモデルであればApple Watch単体で電話を受けて話すことができる。

Apple WatchにはSuicaやiD、QUICPayも入れておける、AirPodsをつないでApple Musicが楽しめる。つまり、Apple Watch単体で散歩に出かけても、音楽を聴きながら歩けるし、喉が渇いたらコンビニでジュースを買い、バスや電車に乗って帰れるのだ。

GPS+Cellularモデルであれば、iPhoneの周辺機器ではなく、メインデバイスとして活用できる。万が一、自宅にiPhoneを忘れてきても、Apple Watchがあれば仕事の電話は逃す心配がない。個人的にもGPS+Cellularモデルを使っていて、何度便利だと実感したことか。

Apple Watch Series 7では画面も大きくなり、メッセージなどもさらに見やすくなったことで、ますます腕につける相棒としての依存度が高まっていくことになりそうだ。

関連記事:

画面が大きくなっただけじゃないApple Watch Series 7 実機で確認できた真の価値

初めてApple Watchを買う人にこそ「Series 7」をすすめたい理由