MacBook Pro

新型MacBook ProがWWDC21で発表されるとの予想は、残念ながら実現しませんでした。が、実はアップルがWWDCの基調公演ビデオにつけたメタデータの中に「m1x」と「M1X MacBook Pro」なる言葉が含まれていることが明らかとなりました。


アップルのWWDC公式YouTube動画のキーワードタグには、下記のように「m1x」と「M1X MacBook Pro」という言葉が見られます。m1xとは、AppleシリコンM1の後継チップとして噂されているM1X(仮)のことと推測されます。

metadata

これらタグを付けられるのは動画をアップロードした当事者だけであり、アップル社内の誰かが「WWDC基調講演でM1X搭載MacBook Proが発表される」と考えていた可能性が浮上している、というわけです。


さて、次期14インチおよび16インチのMacBook Proについては、8つの高性能コアと2つの高効率コアを備えたM1X(ないしM2(仮))を搭載するほか、HDMIやSDカードリーダーなど過去モデルにあったポートの復活、最新12.9インチiPad Proと同様のミニLEDディスプレイなどが、iPhone 12シリーズに近いフラットエッジな筐体に収められているとの予想が有力となっています

アップル幹部らは世界的な半導体不足により今後のMacやiPadが品薄になると警告しており、それにより新型MacBook Proも発売延期に追い込まれたとの憶測もあります。台湾サプライチェーン筋からも、これら2つのモデルが「2021年後半に発売」になるとの見通しも伝えられています


上記の「WWDCで新型MacBook Pro発表」の期待があまりに盛り上がったためか、噂を発信していたリーカー(注目の未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)Jon Prosser氏が「おまえのせいで16インチMacBook Proを売ってしまったんだぞ!」とTwitter上で怒りをぶつけられる一幕もありました。

いつアップルがこれらの新製品を発売するか不明ですが、おそらく9月~10月に行われるイベントまで出し控えるのではないかと見る向きもあります。が、もしかしたら今後数か月のうちに、いきなり「Webプレスリリースのみで発表」という不意打ちもありうるのかもしれません。

Source:Max Balzer(Twitter)

via:9to5Mac