アップル、WWDC20の詳細発表。6月23日午前2時からスペシャルイベント基調講演

キーノートは23日2時

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年06月12日, 午前 03:19 in Apple
0シェア
FacebookTwitter
Apple

アップルが開発者イベント WWDC20 の詳細を発表しました。

イベントの開幕を飾るキーノートは現地時間で6月22日午前10時、日本では23日午前2時から。Apple.com や WWDC アプリ、Apple TV アプリ、YouTube 等々でストリーミング視聴できます。

Apple
Apple

アップルは世界開発者会議 WWDC を毎年6月に、世界中から開発者を集めて開催してきました。しかし今年は新型コロナウイルスの流行を受けて、31回目にしてはじめてオンラインのみの完全バーチャルイベントとして実施します。

例年のWWDCに参加するためには高倍率の抽選に当たったうえで10数万円の参加費用を支払う必要がありましたが、今年はオンライン化にともない、より多くの開発者がセッションを視聴したり、予約制の開発者ラボに参加できるようになりました。

発表されたスケジュール概要は以下。すべて日本時間です。

基調講演

6月23日午前2時

アップルの全プラットフォームについて、今年後半に予定されている「革新的な新機能」やアップデートを説明。

Platforms State of the Union

6月23日午前6時

iOS、iPadOS、macOS、tvOS、watchOS 最新の進化を深く掘り下げ。各プラットフォームのエンジニアリングを担当するリーダーたちが担当。Apple Developer アプリとウェブサイトを通じてオンデマンドで提供。

100以上のエンジニアリングセッション

6月24日未明~27日

2日目からは、個別のトピックに関して多数の映像セッションを配信。Apple Developer アプリとウェブサイトで提供。

1on1 開発者ラボ

6月24日未明~27日

開発者プログラム登録者のみ、事前予約制・定員制。エンジニアと直接リモートで面談して指導や相談が可能。

このほか開催に先んじて、

Swift Student Challenge 入賞者発表

6月16日

学生向けコンテストの入賞者を発表

Apple Developer フォーラム刷新

6月18日

開発者向けフォーラムを一新。参加するアップル開発者1000人以上に質問したり、技術的なディスカッションが可能。WWDC20初日から、イベントを補完するかたちで議論のフォローや検索が可能に。質問を投稿したり直に回答が受けられるのは開発者プログラム登録者のみ。

Apple、史上最大規模となる世界開発者会議のラインナップを発表 - Apple (日本)

WWDCは名前のとおり開発者会議であって、OSやソフトウェアの新機能についても開発のための情報提供が主です。しかし従来から、アプリ開発者を代表とするプロフェッショナル向け製品の発表や、まったく新しいために先んじて開発者に公開し発売に備えてもらう新製品が披露されるのも通例でした。

最近のうわさでは、長らくスタイルが変わっていない iMac が Pro Display や iPad Proに近いデザインで刷新されるとも、例の「ARMベースApple独自チップ採用Mac」初披露が今度こそ期待できるのでは、といった話があります。

狭額縁のiMacがWWDC20で発表か。AMD Navi GPU、T2チップ搭載とも

アップル、ArmベースMacをWWDC20にて発表か(Bloomberg報道)

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Apple, wwdc20, WWDC, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents