wwdc21

Appleの開発者向けカンファレンス「WWDC21」が今年も開幕しました。その基調講演が日本時間6月8日2時に行われ、iPhoneやiPad、Apple WatchなどのOS周りを中心にアップデートが発表されています。ここではそれらをまとめてお届けします。

iOS 15発表。iPhone 6s以降対応で今秋配信。標準アプリや通知など機能強化に重点

アップルが開催中の開発者会議WWDC 2021にて、iPhone向け次世代OS『iOS 15』がプレビューされました。

スケジュールに関しては、一般ユーザー向けへの提供は(今回も)「今秋」予定。開発者プレビューは本日から提供を開始し、公開ベータ版は7月公開を予定します。(つづき)

ついにFaceTimeがAndroidやPCとも。WWDC21でiOS 15世代の強化策続々

アップルが開催中の開発者会議「WWDC 2021」より。iOS 15の機能強化がプレビューされました。目玉の一つとなったのが、FaceTimeです。(つづき)

iOS 15でのFaceTime新機能「SharePlay」発表。通話相手と音楽や映画をシェア

アップルが開催中の開発者会議WWDC21より。この場でiOS 15でのFaceTimeの新機能「SharePlay」がプレビューされました。純正ビデオ通話アプリFaceTimeに音楽やビデオ、写真や映画などを持ち込み、通話相手と同じコンテンツを楽しむことができるようになります。(つづき)

iOS 15に通知まとめ「Notification Summary」機能が追加。あふれる通知を自動仕分け、指定時間に表示

アップルがWWDC 2021でiOS 15の新機能 Notification Summaryを発表しました。この機能は次々とと飛んでくる通知を状況に応じて仕分け、指定した時間に、優先順位ごとにまとめて表示させる設定が可能になります。(つづき)

iPhoneが「デジタル運転免許証」に、iOS 15でウォレットアプリが進化

2021年秋に配信する「iOS 15」でウォレットアプリが進化。デジタル身分証明書をiPhoneに保存できるようになります。当初は米国の一部の州で運転免許証をサポートし、既存の運転免許証をiPhoneでスキャンすることで利用できます。(つづき)

iPhoneが家カギになる「Home Key」発表 iOS 15の新機能

iPhoneが自宅玄関の鍵となる「Home Key」をアップルが発表しました。今秋配信するiOS 15の新機能として、対応するスマートロックで利用できます。(つづき)

iOS 15はiPhone 6s以降に対応、切り捨てデバイスなし

アップルが秋に配信を開始する「iOS 15」は、iPhone 6s以降をサポートします。(つづき)

AirPods Proが「探す」ネットワーク対応、iPhoneに置き忘れ通知も。iOS 15で提供

アップルの開発者イベントWWDC21より。iOS 15の新機能として、AirPods Pro が「探す」ネットワークに対応します。(つづき)

AirPods Proで聴こえを助ける「会話ブースト」機能、iOS 15で提供

開発者イベント WWDC21 で、アップルが AirPods Pro の新機能「会話強調」(Conversation Boost)を発表しました。(つづき)


iPadOS 15はマルチタスク強化にフォーカス。ホーム画面やショートカットキーの改善も

アップルが開催中の開発者会議WWDC 2021にて、次期iPad向けOS『iPadOS 15』がプレビューされました。(つづき)


Apple Watchの睡眠追跡や「呼吸」アプリが強化、ワークアウトも多彩に。今秋リリースのwatchOS 8

アップルの開発者向けイベントWWDC21より。アップルはwatchOS 8に追加される新機能を発表しました。watchOS 8ではApple Watch単独での機能が強化され、iPhoneへの依存度がやや引き下げられています。(つづき)

次期watchOS 8ではApple Watch Series 3もサポート継続と判明

アップルはWWDC21でApple Watch用の次期OS「watchOS 8」のプレビューを公開しましたが、販売中のモデルのうち最も古いApple Watch Series 3がサポートされ続けることが明らかとなりました。(つづき)


次期macOS「Monterey」発表。iPadとキーボードやマウスを共有できる「Universal Control」が目玉機能

アップルが世界開発者会議WWDC21にて、次期macOS「Monterey」を発表しました。事前に有力視されていた2つのうち1つが的中し、もう1つの候補「Mammoth(マンモス)」は選外となった模様です。(つづき)


Safariブラウザ刷新、Web拡張機能をiPhone / iPadにも提供 iOS 15等で

アップルがWWDCの基調講演で、SafariのWeb拡張機能をiPhoneとiPadにも提供すると発表しました。(つづき)

死後のiCloudアカウントを信頼できる相手に託せる「Digital Legacy Program」発表

アップルは開催中の開発者会議WWDC21にて、iCloudを強化したサービス「iCloud+」の一環として「Digital Legacy Program」をプレビューしました。ユーザー本人が亡くなったときに、アクセス権を信頼できる相手に託せる新機能とのことです。(つづき)

Apple Music、3D空間オーディオ楽曲配信開始。追加料金なし

アップルの開発者イベントWWDC 2021より。アップルはApple MusicにDolby Atmosによる3D空間オーディオ(Spatial Audio)機能を導入したことを発表しました。(つづき)