Apple Care+、加入可能期間を製品購入後1年に延長か。ただし米国とカナダのみ

31日目に買い忘れ気づきはありがち

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年08月18日, 午後 03:00 in Apple
0シェア
FacebookTwitter
AppleCare
Apple

アップルはハードウェア製品の保証期間などを延長する有償サービス「Apple Care+」を提供しています。これまでは加入可能期間は製品購入と同時、あるいは30〜60日以内に限られていましたが、米国およびカナダでは最大1年以内まで延長されるとの噂が報じられています。

同社のハードウェア製品には購入後1年間の限定保証と90日間の無償テクニカルサポートが付いてきますが、Apple Care+は保証とサポートを購入日から3年間に延長するサービスです。ほか過失や事故による修理などのサービスを安価に受けられるなどの恩恵もあります。

今回の情報源は、米Bloomberg記者が見たというスタッフのメモです。ただしすべての顧客が利用できるわけではなく、一括購入またはアップル独自クレジットカードApple Cardの分割払いに限られているとのことです。

アップルのティム・クックCEOは最近、新型コロナ感染拡大によりApple Care+のニーズが抑えられていると述べていました。加入可能期間に余裕をもたせることで、デジタルサービス部門の売上高を後押しする狙いがあるのかもしれません。

ちなみに従来のApple Care+加入可能期間は、日本では購入日から30日以内米国およびカナダでは60日以内とされ、もともと条件が異なっています。

日本では今後Apple Cardが上陸するかどうかさえ不明ですが、購入から30日過ぎてApple Care+の加入忘れに気づく人も少なくないはず。一括払いに限定した形であれ、国内でも期間の延長を望みたいところです。

Source:Bloomberg

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Apple, applecare+, applerumor, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents