AppleTV

iPhoneやiPadなどは後継モデルが次々と投入されている一方で、セットトップボックスのApple TVは2017年9月(Apple TV 4K発売)以降の更新が途絶えています。そんななか、アップルが2021年発売に向けて新型Apple TVを準備中との噂が報じられています。

Nikkei Asian Reviewはアップルが2021年にどのような新製品を用意しているかの見通しを、匿名情報筋に基づいて伝えています。すなわちMacBook ProやiMac Proを含むハイエンドコンピュータの積極的な生産スケジュールを準備しており、従来のインテル系チップをArmアーキテクチャの自社設計CPU(Appleシリコン)に置き換える真っ最中とのこと。これらは既にBloomberg等が報じており、目新しい情報ではありません。

一方で、追記される「ビデオオンデマンドサービス用のホームエンターテイメント機器であるApple TVの新型に、来年発売に向けて取り組んでいる(と情報通が言っている)」の方に注目が集まっているかたちです。

新型Apple TVが準備中との手がかりは、今年2月にiOS 13.4ベータ内から見つかっていました。それに続いてiOS 14ベータでは新型リモコン関連のコードも発見されているほか、Bloombergはじめ複数のメディアが新モデルの噂を報じており、「いつか出る」ことは確実視されています。

しかし、そのハードウェア構成については諸説あります。当初はiPhone XSと同じA12チップ搭載と見られていましたが、後にiPad Pro系列のA12X/ZないしiPhone 12と同じA14採用で新型コントローラーも開発中と述べる有名リーカー(未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)もいました。

そうした未確認情報のなかでも最新版は、おそらくJon Prosser氏によるものです。Prosser氏は5月にコードネーム「T1125」でA12X搭載、内蔵ストレージ64GB/128GBオプションありでもうすぐ発売される--との予測は外しましたが、11月には再び新型Apple TVに言及しています。

これはHomePod miniと同じくU1チップ、すなわちデバイス同士の位置特定や空間認識を向上させるUWB(超広帯域無線)機能が搭載されると示唆したものです。そしてProsser氏はHomePod miniの発表が10月のイベントで発表されることを的中させており、ある程度は信ぴょう性がありそうです。

日本では今ひとつ注目されないApple TVですが、大幅に性能がアップした上でApple Arcade等のゲームが新型コントローラーで遊びやすくなり、うわさ通り『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』に匹敵する新作タイトルが複数出るならば、巻き返しをはかれるのかもしれません。

Source:Nikkei Asian Review