Apple TV+
 Sony/Apple

アップルは動画配信サービスApple TV+をiPhoneやiPadなど自社製品を購入した人向けに1年間無料で利用できるキャンペーンを終了して、7月1日からは3ヶ月に短縮しています。そんななか、アップルがソニーと協力して、一部地域のPlayStation 5ユーザー向けに6ヶ月間の無料トライアルを提供することが明らかとなりました。

Apple TV+アプリは、2020年11月からPSおよびXboxシリーズ向けに配信が開始されています。これを使えば、まずApple IDを作成し(ないし既存のApple IDでサインインし)、ゲーム専用機を通じてゲームパッドを手にして、アップルが提供する映画やテレビ番組の購入やレンタル、アップル制作オリジナルコンテンツの視聴が可能となっています。

今回の無料トライアル提供は、英国やカナダ在住のPS5ユーザー向けにオファーされているものです。たとえば英国向けには「1オファーはPS5、1台ごとに1回のみ利用できます。1つのApple TV+ 加入者ごとに1(契約)に制限されます。7月22日までに引き換える必要があります」とのことです。同様の記述はカナダ向けサイトにもあり、複数の国や地域向けに用意されている模様ですが、記事執筆時点では日本向けには確認されていません。

アップルが自社デバイス購入ユーザーよりもソニー製品オーナーを優遇するのは奇妙にも思えます。が、例えばTarget Circle(米大手スーパー・Targetのロイヤリティープログラム)加入者はApple TV+を4ヶ月間無料で利用でき、RokuのようなスマートTVユーザーにも同様の無料トライアルを提供しています。アップル製品を持たない自社サービス限定ユーザーの拡大を意図している模様です。

Apple TV+では「テッド・ラッソ 破天荒コーチがゆく」や「ザ・モーニングショー」、「グレイハウンド」など、他では見られないオリジナル番組や映画などが充実しつつあります。今後は「テッドラッソ」や「ザ・モーニングショー」の第2シーズン、SF作家アイザック・アシモフ原作の「ファウンデーション」などの配信を控えており、今後もしも日本のPS5ユーザー向けにも無料トライアルが提供されたなら、ユーザー数の増加に弾みが付くのかもしれません。

Source:Sony(1),(2)

via:9to5Mac