Cardio Fitness
Apple

アップルは15日、Apple Watchで心肺機能の通知が利用可能になったと発表しました。全体的な健康状態の強力な指標である心肺機能のモニタリングと評価ができるようになります。

これはiOS 14.3およびwatchOS 7.2により、iPhone上のヘルスケアアプリ上で自分の心肺機能のレベルを確認でき、それが「低い」となった時にはApple Watch上で通知を受け取ることができる、というものです。

Apple Watch Series 6 (Amazon)

心肺機能のレベル測定に用いられる指標は最大酸素摂取量(VO2max)で、運動時に身体が利用できる酸素の最大量を示すもの(ヘルスケアアプリの[ブラウズ]>[呼吸]>[最大酸素摂取量] から確認可能)。watchOS 7では複数のセンサーを利用して、Apple Watchでワークアウトをトラッキングしているかどうかに関わらず、1日を通して心肺機能が推定されるようになっていました。

そして今回の変更では、自動的にApple Watchから「低い」場合の通知を受けられるようになった格好です。アップルはこれにより、ユーザーが長期的な健康効果を飛躍的に高めるために運動などをする動機付けになる、と謳っています。

Apple WatchのユーザーはiPhone上のヘルスケアアプリの「心肺機能」カテゴリーにアクセスすることで、Fitness Registry and Importance of Exercise National Database(FRIEND)のデータで参照された同年代・同性の人たちと比較して「高い」「平均より上」「平均より下」「低い」のどれに評価されるかを確認できます。

心肺機能のレベルが過去の週、月、年からどのように変化したことを確認することも可能。ユーザーのレベルが「低い」となった場合は、Apple Watchで通知を受けられるほか、時間をかけて心肺機能のレベルを改善したり、医師との会話をするためのガイダンスを受け取ることもできます。

VO2maxはマラソンランナーなど運動選手が訓練に用いている目安の1つでもあります。日々の健康を保ったり、これまで以上に身体能力を高めるお供として付き合っていきたいところです。

Source:Apple