Apple Watch Series 6(仮)はSpO2センサー搭載、新型iPad Airは全画面デザイン?まもなく発表か

廉価版Apple Watchも

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年09月15日, 午後 12:00 in Apple
0シェア
FacebookTwitter
watchSE
Engadget Japan

アップルが16日午前2時~(日本時間)に特別イベント開催を控えるなか、大手メディアBloombergがそこで発表される新製品の予想を概説しています。

アップル未発表製品の予想にたしかな実績があるMark Gurman記者は、先日の記事と同じく「第4世代iPad Airと新型Apple Watchがイベントの主役、iPhone 12(仮)の発表なし」の主張を繰り返しています。

まずApple Watch Series 6(仮)はSeries 5と同じく40mmと44mmサイズの2つあり、より高速なプロセッサとSpO2(血中酸素飽和度)センサーなどの新機能を備えているとのこと。またFitbitなど安価な競合製品を迎え撃つため、新たな廉価モデルも準備しているとも述べています。

そして噂の新型iPad Air(第4世代)はiPad Proと同様にホームボタンをなくした全画面デザインに。しかし廉価版とProモデルの間にあるミッドレンジ製品として、最新のSoCを搭載せず(おそらくiPhone 11のA13かそれ以前の世代)、ProMotionすなわち120Hzディスプレイも非搭載とされています。

本記事のもう1つの目玉は、アップル独自チップApple Siliconを搭載した初Macが11月までに発表されるという見通しです。またアップル初のBeatsブランドではないオーバーイヤーヘッドホン(いわゆるAirPods Studio)や物理的なアイテムを探すアクセサリー(一般にAirTag(仮)と呼称)は早ければ今年の終わりに登場する可能性があり、小型HomePodも準備中とのことです。

さらに新型iPadとApple Watchのリリースは「今月のiOS 14、iPadOS 14、watchOS 7のソフトウェアアップデートのロールアウトに対応」として、イベント終了~9月末までに次期システムソフトウェアのメジャーバージョンが出るとも示唆。それに加えてサブスクまとめ割引Apple Oneにも言及されており、まもなく開始のイベントへの期待が大きく膨らみそうです。

Source:Bloomberg

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Apple, applerumor, iPad Air 4, applewatch series6, spo2, applewatch, apple silicon, AirTags, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents