applewatch

Apple Watchは様々な健康関連センサーを備えていますが、スタンフォード大学が心血管疾患(心臓・血管など循環器における疾患)患者の虚弱すなわち「筋力や心身の活力が低下した状態」を正確に診断できるとの研究結果を発表しました。

この研究はアップルが資金を提供し、スタンフォード大学の研究者が実施したものです。対象となったのは心血管疾患を抱える米退役軍人省の患者110人であり、iPhone 7とApple Watch Series 3を提供したとのこと。患者らは自宅で定期的に6分間歩行試験(6MWT)スコアを測り、それを病院での標準的な6MWTと比較しています。

ちなみに虚弱は6MWTにより判断でき、患者の機能的能力(体が動く度合い)や運動能力の評価に用いられる一般的な基準と説明されています。アップルによると、このスコアが高いほど「心臓、呼吸器、循環器、神経筋の機能が健康である」と示しているとのことです。

また自宅での6MWTは、VascTrackアプリを通じてデータを収集したと述べられています。その後アップルはwatchOS 7のヘルスケアアプリに「6分間歩行の推定距離」など移動関連の健康指標を追加していますが、今回のような研究がフィードバックされていると思われます。

さて本研究の結果は、Apple Watchが臨床現場で監督された場合は、感度(ある疾患を持つ人のうち、検査で陽性と正しく判定される比率)が90%、特異度85%(ある疾患を持たない人のうち、検査で陰性と正しく判定される比率)で虚弱を正しく診断できると判明しています。かたや自宅で監視されていない場合の感度は83%で、特異度は60%の割合で虚弱を正確に判定できたと伝えられています。

つまりiPhoneとApple Watchを6MWTと組み合わせることで、虚弱をかなり正確に予測できるというわけです。研究報告では、この治験が心血管疾患患者の虚弱や機能的能力を遠隔で監視して評価することで、より安全で解像度の高いモニタリングできることを示唆していると結論づけられています。

こうした診断がiPhone 7とApple Watch Series 3といった過去モデルでもできるのであれば、病院に通う負担が省けるとともに自宅でも早めに対応しやすくなり、より多くの命が救われるのかもしれません。

Source:Plos One

via:MyHealthyApple,MacRumors