Apple Watch
Apple

全世界でApple Watchを所有しているユーザー数が、1億人を突破したとの調査結果が報告されています。

アップルのビジネスを分析するAbove Avalonの運営者ニール・サイバート氏によると、Apple Watch初期の成長軌道は一定でも安定もしていなかったものの、2020年には3000万人もの新規ユーザーが着用し始めたとのこと。この数字は2015~2017年のユーザー増加ペースを上回っていると述べられています。

Apple Watch
Above Avalon

またApple Watchの利用にはiPhoneが必要なことから(ファミリー共有設定などの例外を除く)、サイバート氏はiPhoneのユーザー人口に占めるApple Watchの使用率も調べました。その結果は、2020年末までに全世界のiPhoneユーザーのうち約10%がApple Watchを着用していると推定されています。

Apple Watch
Above Avalon

さらにサイバート氏は、米国でのApple Watch使用状況を調査。「長年にわたりApple Watchの拠点」とされる米国での使用率は世界的な数字と比べると大幅に高い傾向があり、実にiPhoneユーザーの約35%が着用しているとのことです。これは衝撃的なほど強力な普及率であり、Fitbitなど競合他社にとって脅威になるとの趣旨が述べられています。

総合的にApple Watchのインストールベース(実際に世界で使用されている台数)はアップル製品のなかではiPhone、iPad、Macに次ぐ第4位であり、現在の販売ペースが続けば2022年にはMacを上回る見通しとのこと。

さらに先を見据えると「時間が経過するにつれ、普及率が大幅に高まることを阻む要因は何もない」ということで、もしも全世界のiPhoneユーザーのうち35%がApple Watchを着用したなら、インストールベースは3億5000万台を超えることに。すなわち現在の2.5倍になり得る伸びしろがあると予測されています。

アップルはApple Watchの販売台数を公開したことがなく(上記の数字も推定値に過ぎません)、他の製品とともに「ウェアラブル、ホーム、アクセサリー」のカテゴリに一括しています。とはいえ2021年第1四半期業績発表では、本カテゴリは前年同期の100億ドルから130億ドルと30%も成長したことが明かされていました。

Apple WatchはECG(心電図)アプリや健康モニタリング機能のほか、近日中にリリース予定のiOS 14.5ではいよいよ「顔認証iPhoneをマスクしたまま即ロック解除」が可能となります。次期Apple Watch Series 7(仮)は血糖値測定機能が搭載されるとの噂もあり、もし実現すれば普及をいっそう加速することになりそうです。

Source:Above Avalon

via:MacRumors