Apple Watch

アップルがアスリートや登山者など過酷な環境でApple Watchを使う人向けに、頑丈なケースを備えたモデルの発売を検討しているとの噂が報じられています。

米Bloombergによると、頑丈モデルの発売は早くても2021年後半か2022年中が検討されているとのこと。アップル社内では「Explorer Edition(冒険者エディション)」と呼ばれることもあり、カシオのG-SHOCKのように耐衝撃性や保護機能を備えた頑丈なデザインを特徴としていると伝えられています。

2015年に発売された初代Apple Watchにも「Apple Watch Sport」はありましたが、これは実際は安価なエントリーモデルで、過酷な環境向きではありませんでした。Bloombergは、アップルはその後にエクストリームスポーツのアスリート向けに新モデルを検討していた(が発売されなかった)と述べています。

現行Apple Watchのアルミニウムモデルはランニングやジムで多くの人々に愛用されていますが、簡単に傷が付くために(登山のさい岩にぶつかると損傷するなど)屋外スポーツでは安心して使えそうにありません。

しかし新モデルでは、より「頑丈」にするために外装にラバー加工を施す予定と伝えられています。これが元からApple Watchに備わっている水深50mの耐水性能と組み合わされば、「冒険者エディション」の名にふさわしいエクストリーム仕様になるというわけです。

ただし頑丈モデルの開発は、最終的には中止または延期される可能性があるとも述べられています。とはいえApple Watchは今やアップルにとって貴重な収入源であるウェアラブル部門で重要な位置を占めており、2020年第4四半期には世界のスマートウォッチ市場で40%を占めているとの調査結果もありました。AirPodsがProやMaxのようにバリエーションを追加して市場の拡大を目指しているように、Apple Watchもエディションが増えていくのは自然かもしれません。

Source:Bloomberg