Apple Watch
Jon Prosser

次期Apple Watch Series 7(仮)に関して、そのケースサイズがSeries 4以降の40mmおよび41mmから、44mmおよび45mmに大きくなるとのうわさが出てきました。

この情報を中国のSNS、Weiboで発信しているのは、これまでもアップル未発表製品の観測をつぶやいてきたUnclePan氏です。「今年のApple Watch Series 7の2つのモデルは41mmと45mmサイズで、古いストラップと新しいストラップが共通であると感じました」とのことです。

これまでのApple Watchは、まずSeries 3までは38mmおよび42mmの2種類でした。それが2018年のSeries 4では40mmと44mmのオプションが用意されることになり、数年ごとにケースサイズが大きくなる傾向があります。

その一方でバンドは旧世代と現世代の互換性が保たれる慣行があり、たとえば最新の限定スポーツループバンドやプライドエディションバンドも2~3世代が共通で使用できます。UnclePan氏の情報が本当であれば、Series 7でもこうしたアップルの方針は変わらない模様です。

次期Apple Watch Series 7については、おおむねベゼルが狭くなってiPhone 12のようなフラットエッジ(端が角張り、全体的に平たい)デザインとなり、ディスプレイの面積が広くなると予想されているため、ケースサイズが大きくなったとしても驚きではありません。

またデザインが一新されて画面が広くなるだけでなく、新色グリーンが追加されるとのリーカー(注目の未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)情報もありました。有名リーカーJon Prosser氏が5月に公開した予想レンダリング画像は、こちらで確認できます

その一方でApple Watchに期待される新たな健康センサーの追加は、今年は見送られるとの観測が有力です。Bloombergの記者でアップル社内に情報源を持つらしいMark Gurman氏は、Series 7では体温測定や血糖値モニタリング機能は積まれない可能性が高いと述べていました

Apple Watch Series 7は、おそらく9月に開催されるオンラインイベントで、iPhone 13(仮)シリーズと一緒に発表されると予想されています。「今年秋」つまり今後数か月のうちに、第6世代iPad miniや第9世代iPad(廉価モデル)、AirPods 3(仮)や次期MacBook ProおよびハイエンドMac miniなどが続々と投入されると期待されており、そろそろユーザーも予算配分を考えておきたいところです。

Source:Weibo

via:MacRumors