Apple Watch

2021年秋に発売が予想されるApple Watch Series 7(仮)は新型ディスプレイや高速なプロセッサが搭載される一方で、体温測定や血糖値モニタリング機能は見送られたとの噂が報じられています。

Bloombergの記者でアップルのインサイダー情報に詳しいMark Gurma氏によると、Apple Watch Series 7には「より高速なプロセッサ、改善されたワイヤレス接続、最新のスクリーン」が追加されるとのことです。

まず画面についてはベゼルが薄くなり、ディスプレイをフロントカバーに近づけるラミネーション技術をテスト中と述べられています。新型モデルは全体的にわずかに分厚くなりそうではあるが、ユーザーに気づかれるほどではないとも付け加えられています。

またSeries 7には、忘れ物トラッカーAirTagと同じく「更新されたUWB(超広帯域無線)」機能が搭載される一方で、健康管理に関わる追加の生体センサーは後継モデルに先送りされる可能性が高いとのことです。

どういうセンサーかといえば、ひとつには体温センサーです。こちらは今年のモデルに搭載することを目指していたものの、2022年モデルに先送りされる可能性が高くなったとされています。新型コロナ感染の検出には体温の測定が不可欠であり、近年ではスマートフォンの充電ポートに挿す小型のデジタル体温計さえ発売されていますが、少なくとも今年中には間に合わない模様です。

もうひとつは、ここ数か月にわたって期待の高まっていた血糖値センサーです。糖尿病患者には待望の機能ですが、Gurman氏は実用化に向けてあと数年はかかりそうだと語っています。

将来のApple Watchに非侵襲性(注射針で採血する必要がない)血糖値センサーが搭載される可能性は、先月英スタートアップがアップルとの取引関係を明らかにしたことで急浮上していました。もっとも実現は「2022年以降」ともされており、かつ中小企業にとってはアップルとの取引は研究・開発段階であれ大きなウェイトを占めることもあり、数年のスパンで見守るのがよさそうです。

またApple Watch SEの改良モデルや、エクストリームスポーツのアスリート向けの新モデルも来年(2022年)に発表する予定とのことです。以前もGurman氏は登山者など過酷な環境でApple Watchを使う人向けに頑丈なケースを備えた「Explorer Edition(冒険者エディション)」が準備中と伝えていましたが、もし発売されればカヤックが水没したり車ごと川に転落したときを超えるピンチの際に命綱となりそうです。