App Store
Apple

App Storeのアプリ数や市場規模が拡大するにつれて、詐欺の問題も深刻化しています。そんななか、アップルは2020年にApp Storeで不正取引の疑いある15億ドル(約1633億円)以上を阻止したと発表しました。

この新たなプレスリリースは、ここ数か月のうち世界がApp Storeに厳しい目を向けるようになったことを受けたものです。App Storeが公正に運営されているかどうかはEpic Gamesとの訴訟でも焦点となり、アプリ開発者のKosta Eleftheriou氏は蔓延する無数の詐欺アプリを次々と告発しています

さてアップルいわく、2020年だけで「洗練されたテクノロジーと人的なノウハウ」の組み合わせにより、金額にして15億ドルを超える不正行為と見做された取引から身を守ることができたとのこと。これは「資金、情報、時間を狙った窃盗行為」を未然に防いだ一方で、「リスクが高く、脆弱な要素を含む新しいアプリケーション」約100万本をアプリストアから削除した結果だと述べられています。

また、App Storeとアプリレビュー過程に関する統計情報もいくつか付記されています。2020年には18万人以上のアプリ開発者が初参入し、100万本近くの問題のある新規アプリと100万個近くのアップデートが却下。さらに隠された機能や文書化されていない機能がある4万8000以上のアプリが却下され、15万本以上がスパム、コピーキャット(既存アプリの模倣品)あるいは誤解を招く(ユーザーを巧みに誘導して何かを買わせる)などの理由で取り下げられたそうです。

さらに「おとり商法」つまりApp Storeのガイドラインをかわすために、アプリの評価後に動作を変更して禁止されているアクションさらには犯罪行為を実行する手口(約9万5000本が該当、App Storeから削除)にも言及しています。こうした詐欺アプリとしては、子供向けゲームに偽装したカジノアプリが数か月も放置されていたとの報告もありました。

興味深いのは、たびたび指摘されていたApp Storeでの偽レビューへの対策にも言及されていることです。上記のEleftheriou氏が告発した詐欺アプリの多くにも、アプリを不正がないものに装うために偽のレビューを投稿したり、評価を操作したりと巧妙な手口が使われていました。

アップルによると2020年以降、10億件以上の評価と1億件以上のレビューを処理し、2億5000万件以上の評価とレビューは「中立的な基準を満たさない」として削除したとのことです。

これだけ莫大な評価やレビューを人力で精査できる訳がないとも思えますが、アップルは最近になって「評価とレビュー」を行っているアカウントの信ぴょう性を検証する新ツールを導入したと述べています。

このツールの技術的な詳細は不明ですが、 「投稿されたレビューについて詐欺の兆候がないか分析したり、非アクティブなアカウントから投稿されたコンテンツを確実に削除する」と説明されており、その言葉に相応しい取り締まり効果をあげるよう期待したいところです。

Source:Apple